お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 13:40
光多重化方式と光ファイバ無線ネットワークによる分散アンテナ方式の提案
本並裕輔ルン ホン ハイ東野武史塚本勝俊小牧省三阪大)・安川交二熊本和夫阪工大)・稲垣恵三ATROCS2007-80
抄録 (和) 光ファイバ無線(RoF : Radio on Fiber)ネットワークを用いて電波空間転送を実現する手段として分散アンテナ方式が提案されている.分散アンテナ方式のアンテナ素子の増加やRoFネットワークの広域化の際に必要となる光多重化方式の適用によって,多重化された光信号間のクロストークが発生し無線信号の品質に影響を及ぼすことが考えられる.本稿では,RoFネットワークの品質変動を考慮して無線信号へ及ぼす影響を計算機シミュレーションによって評価した. 
(英) Recent years, distributed antennas have been now proposed to realize radio space transmission in a RoF (Radio on Fiber) network. However, due to the necessary of optical multiplexing when increasing number of antennas and spreading RoF network area, crosstalk occured between multiplexed optical signals may have influences on the quality of radio signals. This paper evaluates these influences by computer simulations, considering the quality variation of the RoF network.
キーワード (和) 光ファイバ無線 / 分散アンテナ方式 / 空間分割多重 / 光信号多重化方式 / / / /  
(英) Radio on Fiber / Distributed Antenna System / Space Division Multiple Access / Optical Multiplexing Method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 343, OCS2007-80, pp. 45-50, 2007年11月.
資料番号 OCS2007-80 
発行日 2007-11-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2007-80

研究会情報
研究会 OCS OFT ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2007-11-21 - 2007-11-22 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2007-11-OCS-OFT-ITE-BCT-IEE-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光多重化方式と光ファイバ無線ネットワークによる分散アンテナ方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of distributed antenna system on radio on fiber network with optical multiplexing method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ無線 / Radio on Fiber  
キーワード(2)(和/英) 分散アンテナ方式 / Distributed Antenna System  
キーワード(3)(和/英) 空間分割多重 / Space Division Multiple Access  
キーワード(4)(和/英) 光信号多重化方式 / Optical Multiplexing Method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本並 裕輔 / Yusuke Motonami / モトナミ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ルン ホン ハイ / Luong Hong Hai / ルン ホン ハイ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 勝俊 / Katsutoshi Tsukamoto / ツカモト カツトシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小牧 省三 / Shozo Komaki / コマキ ショウゾウ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 交二 / Koji Yasukawa / ヤスカワ コウジ
第6著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊本 和夫 / Kazuo Kumamoto / クマモト カズオ
第7著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Technology)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲垣 恵三 / Keizo Inagaki / イナガキ ケイゾウ
第8著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2007-80 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会