お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 13:10
2値ベクトル周期列を出力する区分線形RNNの状態軌道の収束性について
峯苫靖浩高橋規一九大NLP2007-99
抄録 (和) 最近,Takahashi らは各素子の出力特性が区分線形関数で表されるリカレントニューラルネットワークの挙動を解析し,与えられた2値ベクトル周期列(ただし連続する二つのベクトルは一つの要素だけが異なるものとする)を出力するための十分条件を導出した.この条件を満足するとき,ネットワークの状態軌道は2値ベクトル列に対応する領域の周期列を通ることが保証されるが,その漸近的な挙動については明らかでなかった.そこで本稿では,その十分条件を満足するネットワークが2値ベクトル周期列を出力しているときの状態軌道の収束性ついて考察し,すべての状態軌道が同一のリミットサイクルに収束するための条件を導出する.また,いくつかの具体的なネットワークについて,この収束条件が満足されているか否かを判定することにより状態軌道の収束性を明らかにする. 
(英) Recently Takahashi et al. analyzed the behavior of recurrent neural networks with the piecewise-linear output characteristic, and derived a sufficient condition for the network to generate a prescribed periodic sequence of binary vectors such that every two consecutive vectors differ in exactly one component. If a recurrent neural network satisfies this sufficient condition, it is guaranteed that any state trajectory of the network passes through the periodic sequence of regions corresponding to the periodic sequence of binary vectors. However, the asymptotic behavior of the state trajectories has not been clarified yet. In this report, we study the convergence property of state trajectories of a recurrent neural network which satisfies the above-mentioned sufficient condition, and derive a criterion for state trajectories to converge a unique limit cycle. We also make clear the convergence property of the state trajectories for some concrete examples, by checking whether the criterion is satisfied or not.
キーワード (和) リカレントニューラルネットワーク / 区分線形性 / リミットサイクル / 一意性 / 収束性 / / /  
(英) recurrent neural networks / piecewise-linearity / limit cycle / uniqueness / convergence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 349, NLP2007-99, pp. 23-28, 2007年11月.
資料番号 NLP2007-99 
発行日 2007-11-15 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-99

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-11-22 - 2007-11-22 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2値ベクトル周期列を出力する区分線形RNNの状態軌道の収束性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Convergence of State Trajectories of Piecewise-Linear RNN Generating a Periodic Sequence of Binary Vectors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リカレントニューラルネットワーク / recurrent neural networks  
キーワード(2)(和/英) 区分線形性 / piecewise-linearity  
キーワード(3)(和/英) リミットサイクル / limit cycle  
キーワード(4)(和/英) 一意性 / uniqueness  
キーワード(5)(和/英) 収束性 / convergence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯苫 靖浩 / Yasuhiro Minetoma / ミネトマ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-99 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2007-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会