お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 15:35
Restrict Mode Excitation法による超低分散スロープ-大Aeff-NZ-DSF
今村勝徳武笠和則忠隈昌輝杉崎隆一八木 健古河電工OCS2007-84
抄録 (和) 長距離伝送路用ファイバにおける各種特性間のトレードオフを緩和すべく、Restrict Mode Excitation法を用いた特性改善検討を行った。NZ-DSFのAeffを65um2@1550nm以上に維持しながら、分散スロープを0.02ps/nm2/kmまで低減することに成功した。DPSをSMFと同程度に設定したことにより、標準SMF用のDCFを用いて広帯域分散補償を行うことも可能となった。試作ファイバの光学特性の測定結果からは高次モードの影響は観測されず、Restrict Mode Excitation法により実質的なシングルモード動作が実現できていることが確認された。パルス光伝搬実験により、試作ファイバにおけるシングルモード動作が確認されるとともに、BER測定によりパワーペナルティの無い伝送を実現可能であることが確認された。 
(英) In order to solve the trade-offs between the properties of long-haul transmission fibers, we investigated about the possibility of improving the optical properties by utilizing a Restrict Mode Excitation method to the fiber design. Large Aeff NZ-DSFs with Aeff larger than 65 um2 and dispersion slope of 0.02 ps/nm2/km were successfully fabricated. The DPS was set to the value almost same as SMF so that the conventional DCFs for standard SMFs can be used as wideband dispersion compensators. Practically single mode transmission by Restrict Mode Excitation was confirmed from the result of optical properties of fabricated fiber. Single mode transmission was confirmed by the pulse propagation experimentation and it was confirmed that transmission with no power penalty can be realized by the BER measurement.
キーワード (和) NZ-DSF / Restrict Mode Excitation法 / カットオフ波長 / Aeff / 分散スロープ / / /  
(英) NZ-DSF / Restrict Mode Excitation method / Cut-off wavelength / Aeff / Dispersion slope / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 343, OCS2007-84, pp. 67-70, 2007年11月.
資料番号 OCS2007-84 
発行日 2007-11-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2007-84

研究会情報
研究会 OCS OFT ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2007-11-21 - 2007-11-22 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2007-11-OCS-OFT-ITE-BCT-IEE-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Restrict Mode Excitation法による超低分散スロープ-大Aeff-NZ-DSF 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Large Aeff NZ-DSF with ultra-low dispersion slope by utilizing Restrict-Mode-Excitation method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NZ-DSF / NZ-DSF  
キーワード(2)(和/英) Restrict Mode Excitation法 / Restrict Mode Excitation method  
キーワード(3)(和/英) カットオフ波長 / Cut-off wavelength  
キーワード(4)(和/英) Aeff / Aeff  
キーワード(5)(和/英) 分散スロープ / Dispersion slope  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 勝徳 / Katsunori Imamura / イマムラ カツノリ
第1著者 所属(和/英) 古河電気工業 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric (略称: Furukawa Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武笠 和則 / Kazunori Mukasa / ムカサ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 古河電気工業 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric (略称: Furukawa Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 忠隈 昌輝 / Masateru Tadakuma / タダクマ マサテル
第3著者 所属(和/英) 古河電気工業 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric (略称: Furukawa Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉崎 隆一 / Ryuichi Sugizaki / スギザキ リュウイチ
第4著者 所属(和/英) 古河電気工業 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric (略称: Furukawa Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 健 / Takeshi Yagi / ヤギ タケシ
第5著者 所属(和/英) 古河電気工業 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric (略称: Furukawa Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2007-84 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会