お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 16:00
カオス理論とLFSR系列に基づいた負相関系列の設計と評価
宮崎靖規常田明夫井上高宏熊本大NLP2007-104
抄録 (和) 非同期CDMA(符号分割多元接続) 方式では適切な負の自己相関を持った系列を拡散符号として使用することで, 従来符号よりもビット誤り率を改善することが可能である. 負相関系列は, 一次元カオス写像を利用することによって生成可能であるが, その符号生成器は従来のものよりも複雑になってしまう. そこで本稿では線形帰還シフトレジスタ(LFSR) により生成されるM 系列およびGold 系列を基にした負相関系列を設計し, その系列の特性を評価する. 
(英) In DS/CDMA systems, spreading sequences play an important role since they dominate the system performance such as bit error rate (BER). Spreadingsequences with expornentially vanishing negative auto-correlations
can reduce average multiple access interference (MAI) in asynchronous DS/CDMA systems compared with M-sequences and Gold Sequences generated by linear feedback shift registers (LFSRs). We design spreading sequences with negative auto-correlations based on M-sequences and Gold sequences, which is also based on the chaos theory for the Bernoulli map. By numerical experiments, we investigate auto-/cross-correlation properties of the proposed sequences.
キーワード (和) LFSR / カオス系列 / 自己/相互相関 / / / / /  
(英) LFSR / chaotic sequence / auto-/cross-correlations / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 349, NLP2007-104, pp. 51-55, 2007年11月.
資料番号 NLP2007-104 
発行日 2007-11-15 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-104

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-11-22 - 2007-11-22 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス理論とLFSR系列に基づいた負相関系列の設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of Spreading Sequences with Negative Auto-correlations Based on Chaos Theory and LFSR Sequences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LFSR / LFSR  
キーワード(2)(和/英) カオス系列 / chaotic sequence  
キーワード(3)(和/英) 自己/相互相関 / auto-/cross-correlations  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 靖規 / Yasunori Miyazaki / ミヤザキ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 常田 明夫 / Akio Tsuneda / ツネダ アキオ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 高宏 / Takahiro Inoue / イノウエ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-104 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2007-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会