お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 15:10
160Gbps非線形RZパルス伝送における偏波モード分散補償
朝倉洋佑前田譲治福地晋也東京理科大OCS2007-83
抄録 (和) 伝送速度160Gbpsを有する非線形RZパルス伝送における偏波モード分散(Polarization Mode Dispersion)の影響と、その改善手法として伝送路途中に周期的にPMD補償器を挿入する手法をシミュレーションに基づいて検討した。PMD補償器としては、偏光子と偏波コントローラを用いて一方の主偏波状態のみを切り出す方式のものを想定した。増幅中継間隔40km、S=2.5の分散管理伝送路について検討したところ、比較的短い周期でPMD補償器を挿入することによって、品質向上が可能であることが予見された。総伝送距離1000kmのシステムでは40kmの増幅中継毎にPMD補償器を挿入することで、試行した100の複屈折パターンすべての補償が可能であった。 
(英) The authors numerically study nonlinear RZ pulse transmission in a fiber link with polarization mode dispersion (PMD) and its mitigation with periodical insertion of PMD compensators. Each PMD compensator assumed in the calculation is composed of a polarization controller and a polarizer to eliminate one of the principal states of polarization that is inferiorly excited. The link considered is dispersion-managed with S parameter of 2.5, and its amplification spacing is 40km. Calculation results show that the shorter PMD compensation period will provide better transmission performance. For a fiber link with 1000km total length, they predict that compensation period of 40km can afford to compensate all 100 patterns of PMD we prepared.
キーワード (和) 光ファイバ通信 / 偏波モード分散 / 分散管理 / 光時分割多重 / / / /  
(英) optical communication / polarization mode dispersion / dispersion management / optical time division multiplexing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 343, OCS2007-83, pp. 63-66, 2007年11月.
資料番号 OCS2007-83 
発行日 2007-11-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2007-83

研究会情報
研究会 OCS OFT ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2007-11-21 - 2007-11-22 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2007-11-OCS-OFT-ITE-BCT-IEE-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 160Gbps非線形RZパルス伝送における偏波モード分散補償 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Compensation of polarization mode dispersion in 160Gbps-nonlinear RZ pulse transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ通信 / optical communication  
キーワード(2)(和/英) 偏波モード分散 / polarization mode dispersion  
キーワード(3)(和/英) 分散管理 / dispersion management  
キーワード(4)(和/英) 光時分割多重 / optical time division multiplexing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 洋佑 / Yosuke Asakura / アサクラ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 譲治 / Joji Maeda / マエダ ジョウジ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福地 晋也 / Shinya Fukuchi / フクチ シンヤ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2007-83 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.63-66 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会