お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 16:50
Earthquake Onset Detection using Spectro-Ratio on Multi-Threshold Time-Frequency Sub-Band
Ali G. HafezTahir A. KhanT. KohdaKyushu Univ.NLP2007-106
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Automatic onset detection and picking algorithm has been proposed by applying the spectro-ratio on time-frequency sub-band. The proposed algorithm does not need any parameter settings as it will work on data generated by any kind of seismometer either short, long period or even very broad band seismometer. Our algorithm is applied on local events from Cairo region recorded by three stations of the Egyptian National Seismic Network (ENSN). Maximum standard deviation is observed to be 0.113 seconds of the corresponding manual picks made by analysts.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) p-wave arrival / STA/LTA / Spectrogram / TFR / Spectro-Ratio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 349, NLP2007-106, pp. 61-64, 2007年11月.
資料番号 NLP2007-106 
発行日 2007-11-15 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-106

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-11-22 - 2007-11-22 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-11-NLP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Earthquake Onset Detection using Spectro-Ratio on Multi-Threshold Time-Frequency Sub-Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / p-wave arrival  
キーワード(2)(和/英) / STA/LTA  
キーワード(3)(和/英) / Spectrogram  
キーワード(4)(和/英) / TFR  
キーワード(5)(和/英) / Spectro-Ratio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ali G. Hafez / Ali G. Hafez /
第1著者 所属(和/英) Dept. Computer Science and Comm. Eng., Kyushu University (略称: 九大)
Dept. Computer Science and Comm. Eng., Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tahir A. Khan / Tahir A. Khan /
第2著者 所属(和/英) Dept. Computer Science and Comm. Eng., Kyushu University (略称: 九大)
Dept. Computer Science and Comm. Eng., Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) T. Kohda / T. Kohda /
第3著者 所属(和/英) Dept. Computer Science and Comm. Eng., Kyushu University (略称: 九大)
Dept. Computer Science and Comm. Eng., Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-106 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2007-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会