お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 15:35
藤坂博一と大偏差統計解析 ~ 2007年8月21日に急逝した藤坂博一博士を偲んで ~
宮崎修次京大)・井上政義鹿児島大)・小林 幹京大NLP2007-103
抄録 (和) 非線形物理学・非平衡統計力学の分野で大きな業績を上げてきた藤坂博一京大情
報学研究科教授が2007年8月21日にくも膜下出血で急逝した.ここでは,大偏差
統計解析に焦点をあて,時間変動する力学量の局所平均の大偏差統計特性や二時
間相関関数やパワースペクトルの大偏差統計解析の枠組みでの拡張などの彼の過
去の研究から,死の直前に公表された大偏差統計解析とレベルダイナミクスを結
び付ける研究までを一瞥し,彼の残した問題とその一部に対する答えや今後の展
望を述べる. 
(英) Professor Hirokazu Fujisaka (Graduate School of Informatics, Kyoto University),
who had produced good achievements in the field of the non-linear physics and
nonequilibrium statistical mechanics died suddenly of subarachnoid hemorrhage on August 21, 2007.
We focus to large deviation statistics and glance at his past studies including
distributions of local averages and generarizations of the two-time correlation functions or power spectra
within the framework of large deviation statistics.
His antemortem work such as level dynamics approaches to the large deviation statistics
is also reviewed.
Various issues left by him are discussed.
キーワード (和) カオス力学系 / 遷移行列 / フロベニウス・ペロン演算子 / 大偏差統計解析 / ギブス測度 / レベルダイナミクス / /  
(英) Deterministic chaos / Transition matrix / Frobenius-Perron operator / Large deviation / / Gibbs measure / Level dynamics /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 349, NLP2007-103, pp. 45-50, 2007年11月.
資料番号 NLP2007-103 
発行日 2007-11-15 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-103

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-11-22 - 2007-11-22 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 藤坂博一と大偏差統計解析 
サブタイトル(和) 2007年8月21日に急逝した藤坂博一博士を偲んで 
タイトル(英) Hirokazu Fujisaka's contributions to large deviation statistics 
サブタイトル(英) dedicated to his memory 
キーワード(1)(和/英) カオス力学系 / Deterministic chaos  
キーワード(2)(和/英) 遷移行列 / Transition matrix  
キーワード(3)(和/英) フロベニウス・ペロン演算子 / Frobenius-Perron operator  
キーワード(4)(和/英) 大偏差統計解析 / Large deviation  
キーワード(5)(和/英) ギブス測度 /  
キーワード(6)(和/英) レベルダイナミクス / Gibbs measure  
キーワード(7)(和/英) / Level dynamics  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 修次 / Syuji Miyazaki / ミヤザキ シュウジ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 政義 / Masayoshi Inoue / イノウエ マサヨシ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 幹 / Miki Kobayashi /
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-103 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2007-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会