お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-22 14:10
三相回路のモード分解による単相化回路および二相化回路の導入と局在振動の解析への応用
鵜飼将太久門尚史京大NLP2007-101
抄録 (和) 対称三相回路は電力系統の基本的な回路モデルである.三相回路では,イン
ダクタに非線形性を持つために三相のうち一相のみ活発な単相化振動 や二相
のみ活発な二相化振動が生じる.これらの非対称振動は,非線形局在振動
(ILM;Intrinsic Localized Mode)のメカニズムに基づいて,S.Tモード およ
びPモード として発生していることが示されている.

一方で,S.Tモード およびPモード は自由振動回路の対称性に密接な関係を
持っている.本稿では,この対称性に基づいた座標変換を行うことによって,
三相回路を基準座標により表現する.また,非線形結合を切り離す射影を行
うことで,強制的に局在振動を発生させる単相化回路および二相化回路を導
出する.さらに,単相化回路および二相化回路を局在振動の解析に応用する.
その結果として,単相化振動は本質的に,3次元の非線形システムである単相
化回路における非線形振動が表れていることを示す. 
(英) Symmetric three-phase circuit is a basic model of electric power
systems. Single phase mode and two phase mode in which only single
and two phase are respectively excited in the three-phase have been
observed in the circuit.

We have shown that these assymmetric oscillation occur based on the
mechanism of ILM, and that the single phase mode is S.T. mode and the
two phase mode is P mode in the three-phase circuit. On the other
hand, S.T mode and P mode have close relation to the symmetry of
autonomous system which is derived by removing the resistance and
sources from the thee-phase circuit. In this paper , we apply normal
coordinate to the three-phase circuit based on the symmetry. And we
derive single phase circuit and two phase circuit by projection that
removes the nonlinear coupling, and analyze the localized mode using
these circuits. As a result , we show that the essence of single
phase mode equates to the property of the oscillation on the single
phase circuit.
キーワード (和) 三相回路 / ILM / 単相化振動 / 二相化振動 / 単相化回路 / 二相化回路 / /  
(英) three-phase circuit / ILM / single phase mode / two phase mode / single phase circuit / two phase circuit / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 349, NLP2007-101, pp. 33-38, 2007年11月.
資料番号 NLP2007-101 
発行日 2007-11-15 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2007-101

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-11-22 - 2007-11-22 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 三相回路のモード分解による単相化回路および二相化回路の導入と局在振動の解析への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of ILM using Single Phase Circuit and Two Phase Circuit based on mode decomposition of Three Phase Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三相回路 / three-phase circuit  
キーワード(2)(和/英) ILM / ILM  
キーワード(3)(和/英) 単相化振動 / single phase mode  
キーワード(4)(和/英) 二相化振動 / two phase mode  
キーワード(5)(和/英) 単相化回路 / single phase circuit  
キーワード(6)(和/英) 二相化回路 / two phase circuit  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜飼 将太 / Shouta Ukai / ウカイ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久門 尚史 / Takashi Hisakado / ヒサカド タカシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-22 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-101 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2007-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会