お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-21 13:00
[フェロー記念講演]社会情報基盤とDependable VLSI
安浦寛人九大VLD2007-82 DC2007-37 RECONF2007-36
抄録 (和) 我々の日常生活は、大量のVLSIチップを内蔵した巨大な社会情報基盤に支えられている。その中で、種々のシステム障害が、物理的な故障、設計や製造や運用時の人的な誤り、あるいは悪意ある攻撃によって引き起こされている。本講演では、これらのVLSIシステムにおける障害の原因とそれに対する対策について議論し、社会情報基盤を支えるディペンダブルなVLSIを設計する新しい技術に関する研究の方向性を示す。事例として、電子マネーシステムを取り上げて議論する。 
(英) Our daily lives heavily depends on the social information infrastructure, which includes a huge numbers of VLSI chips. Various system failures are caused by physical faults in the circuits, human errors in design/fabrication/operation and malicious attacks. In this talk, the causes and countermeasures of these failures of VLSI systems are summarized. The discussion leads a new direction of researches of design technology of dependable VLSI systems for social information infrastructures. As an example of social information systems, e-money systems are discussed in detail.
キーワード (和) ディペンダビリティ / 故障 / 社会情報基盤 / 価値 / 信用 / VLSI / /  
(英) Dependability / Failure / Social Information Infrastructure / Value / Trustworthy / VLSI / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 335, VLD2007-82, pp. 1-6, 2007年11月.
資料番号 VLD2007-82 
発行日 2007-11-14 (VLD, DC, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2007-82 DC2007-37 RECONF2007-36

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF DC IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2007-11-20 - 2007-11-22 
開催地(和) 北九州国際会議場 
開催地(英) Kitakyushu International Conference Center 
テーマ(和) デザインガイア2007 ―VLSI設計の新しい大地を考える研究会― 
テーマ(英) Design Gaia 2007 ---A New Frontier in VLSI Design--- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2007-11-VLD-CPSY-RECONF-DC-IPSJ-SLDM-IPSJ-ARC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 社会情報基盤とDependable VLSI 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Social Information Infrastructure and Dependable VLSI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディペンダビリティ / Dependability  
キーワード(2)(和/英) 故障 / Failure  
キーワード(3)(和/英) 社会情報基盤 / Social Information Infrastructure  
キーワード(4)(和/英) 価値 / Value  
キーワード(5)(和/英) 信用 / Trustworthy  
キーワード(6)(和/英) VLSI / VLSI  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安浦 寛人 / Hiroto Yasuura / ヤスウラ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-21 13:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2007-82,IEICE-DC2007-37,IEICE-RECONF2007-36 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.335(VLD), no.338(DC), no.341(RECONF) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2007-11-14,IEICE-DC-2007-11-14,IEICE-RECONF-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会