お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-21 15:50
ハイパワー通信光線路の試験監視システムにおける課題と対策
大串幾太郎荒木則幸東 裕司NTTOFT2007-43
抄録 (和) 近年,光伝送システムの光パワーは,光増幅技術の導入やWDM 技術の適用などによって,飛躍的に増大している.特に,分布ラマン増幅システムで用いられる励起光の光パワーは非常に大きく,その光パワーはW級に達する.
一方,光線路の建設・保守業務の効率化を目的として光線路を保守する試験監視システムが導入されている.試験監視システムは光伝送システムの直近に配置されるため,通信光や励起光などの光パワーのハイパワー化に伴い,各種光部品の耐光性評価が必要である.
本稿では,光ファイバ網を保守する試験監視システムにおいて,ハイパワー光入力に伴う要求条件を明確化し,各種光部品の実験的検討の結果について報告する. 
(英) Recently, the optical power in optical communication systems has been increasing rapidly through the use of WDM or distributed Raman amplification (DRA) technologies. When DRA technology is applied to WDM systems, a high power light is launched into optical fibers and fiber-optic components. The intensity of that optical power reaches several watts, and such a high power light may induce damage in optical fibers or fiber-optic components.
On the other hand, optical fiber cable testing systems are installed to reduce construction and maintenance costs. Since the light with the highest optical power is launched into the systems in a central office, we must know how optical fiber and devices in these systems behave under such high power light input conditions.
In this paper, we clarify the requirements for optical fiber cable testing systems for high power light experimentally.
キーワード (和) 試験監視システム / ハイパワー / 保守 / 安全 / / / /  
(英) optical fiber cable testing system / high power / maintenance / safety / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 344, OFT2007-43, pp. 23-26, 2007年11月.
資料番号 OFT2007-43 
発行日 2007-11-14 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2007-43

研究会情報
研究会 OCS OFT ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2007-11-21 - 2007-11-22 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2007-11-OCS-OFT-ITE-BCT-IEE-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイパワー通信光線路の試験監視システムにおける課題と対策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Requirements for optical fiber cable testing system for optical fiber cable networks carrying high optical total power 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 試験監視システム / optical fiber cable testing system  
キーワード(2)(和/英) ハイパワー / high power  
キーワード(3)(和/英) 保守 / maintenance  
キーワード(4)(和/英) 安全 / safety  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大串 幾太郎 / Ikutaro Ogushi / オオグシ イクタロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 則幸 / Noriyuki Araki / アラキ ノリユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 裕司 / Yuji Azuma / アズマ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-21 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2007-43 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会