お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-21 17:05
バイオメトリック暗号を用いたCELP話者照合のテンプレート安全性対策
高山伸也大木哲史早大)・山崎 恭北九州市大)・小松尚久早大)・笠原正雄阪学院大ISEC2007-97 OIS2007-69
抄録 (和) 情報システムにおける本人確認手段としてバイオメトリック認証技術の適用が進みつつある一方,テンプレートを悪用される脅威への対策が重要な課題となる.そこで,バイオメトリック暗号の1つであるFuzzy Vault Schemeを用いてテンプレート情報の安全性を保ちつつ認証を行う手法を提案する.Fuzzy Vault Schemeの応用に関しては,既に指紋照合に適用した報告がなされているが,本講演では話者照合を対象とした対策を提案し,シミュレーションによる評価結果を示す. 
(英) As the application of biometric authentication technique has been advanced, countermeasures against threat, that the templates are abused, become significant challenges. So, we suggest a method that authenticates with keeping the templates information secure using Fuzzy Vault Scheme. Concerning the application of Fuzzy Vault Scheme, the case for fingerprint matching has already reported, so in this paper, we suggest the application for speaker verification and show the evaluation results.
キーワード (和) バイオメトリック暗号 / 話者照合 / バイオメトリクス個人認証 / CELP / Fuzzy Vault Scheme / / /  
(英) biometric encryption / speaker verification / biometric person authentication / CELP / Fuzzy Vault Scheme / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, 2007年11月.
資料番号  
発行日 2007-11-14 (ISEC, OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2007-97 OIS2007-69

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2007-11-21 - 2007-11-22 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Kobe University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2007-11-ISEC-OIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バイオメトリック暗号を用いたCELP話者照合のテンプレート安全性対策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Template Protection using Biometric Encryption for CELP Speaker Verification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイオメトリック暗号 / biometric encryption  
キーワード(2)(和/英) 話者照合 / speaker verification  
キーワード(3)(和/英) バイオメトリクス個人認証 / biometric person authentication  
キーワード(4)(和/英) CELP / CELP  
キーワード(5)(和/英) Fuzzy Vault Scheme / Fuzzy Vault Scheme  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高山 伸也 / Shinya Takayama / タカヤマ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学理工学術院 (略称: 早大)
Science and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 哲史 / Tetsushi Ohki / オオキ テツシ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学理工学術院 (略称: 早大)
Science and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 恭 / Yasushi Yamazaki / ヤマザキ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 北九州市立大学国際環境工学部情報メディア工学科 (略称: 北九州市大)
Dept. of Information and Media Sciences, The University of Kitakyushu (略称: The Univ. of Kitakyushu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 尚久 / Naohisa Komatsu / コマツ ナオヒサ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学理工学術院 (略称: 早大)
Science and Engineering, Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正雄 / Masao Kasahara / カサハラ マサオ
第5著者 所属(和/英) 大阪学院大学情報学部 (略称: 阪学院大)
Faculty of Informatics, Osaka Gakuin University (略称: Osaka Gakuin Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-21 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2007-97,IEICE-OIS2007-69 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.345(ISEC), no.347(OIS) 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2007-11-14,IEICE-OIS-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会