お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-21 15:00
ファイバテーパを利用したモード変換器
小山 良木原 満冨田 茂NTTOFT2007-41
抄録 (和) 近年,通常のSMFを用いた短波長帯での高速伝送に関する研究が行われている.しかし,SMFにおいてカットオフ波長以下で通信を行なうとモード分散が生じ,信号波形及び帯域が劣化する.このためモードフィルタを用いてモード分散を低減する方法が提案されている.しかし,これらの手法では発生する高次モードを伝送路から除去するので,高次モードが多くなると損失が大きくなる.そこで,我々はファイバテーパの性質を利用した新しいモード変換器を提案する.このモード変換器は高次モードを除去せずに基底モードに変換し,モード分散を小さくすることを目指すものである.本報告では特に1.31m帯零分散SMFを用いて850nm帯の光を伝搬した際に生じるLP11モードをLP01モードに変換するモード変換器について記載する. 
(英) Recently, the use of conventional single-mode fiber has become widespread, and the communication wavelength band is becoming wider. The short wavelength region is attracting attention as a new communication wavelength region for SMF, but mode dispersion degrades the signal quality at wavelengths shorter than the cut-off wavelength. Some mode filters have been reported that are designed to reduce mode dispersion. However, these mode filters remove high-order modes from SMF, and increase the transmission loss when the high order mode has a lot of optical power. Therefore we propose a novel mode converter that converts a high-order mode to a fundamental mode instead of removing it. In this report, our aim was to convert the LP11 mode to the LP01 mode in 850nm transmission using SMF for 1.31m.
キーワード (和) モード変換 / ファイバテーパ / モード分散 / 高次モード / 2モード伝送 / 短波長帯 / /  
(英) mode transfer / fiber taper / mode dispersion / higher order modes / dual mode transmission / short wavelength / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 344, OFT2007-41, pp. 13-16, 2007年11月.
資料番号 OFT2007-41 
発行日 2007-11-14 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2007-41

研究会情報
研究会 OCS OFT ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2007-11-21 - 2007-11-22 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2007-11-OCS-OFT-ITE-BCT-IEE-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファイバテーパを利用したモード変換器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Novel Mode Converter using Tapered Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モード変換 / mode transfer  
キーワード(2)(和/英) ファイバテーパ / fiber taper  
キーワード(3)(和/英) モード分散 / mode dispersion  
キーワード(4)(和/英) 高次モード / higher order modes  
キーワード(5)(和/英) 2モード伝送 / dual mode transmission  
キーワード(6)(和/英) 短波長帯 / short wavelength  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 良 / Ryo Koyama / コヤマ リョウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木原 満 / Mitsuru Kihara / キハラ ミツル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 茂 / Shigeru Tomita / トミタ シゲル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-21 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2007-41 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2007-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会