電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-18 14:25
2値結合を有するディジタルMLPとその応用
阿部 享斎藤利通法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は、シグナム関数と2値の結合パラメータを持つディジタルMLP(DLP)について研究している。
DLPは学習により十分な数の中間層ニューロンを用いれば多様なブール関数を実現することが出来る。
その典型的な例としては、教師信号としてバイナリーセルラートーマトン(BCA)のルール表として利用することである。
ある簡単な学習アルゴリズムを適用することでDLPはBCAのルール表を学習できる。
そして、DLPはBCAのダイナミクスを支配でき、元のBCAのルール表より優れたロバスト性を持っている。
数値実験をすることにより我々は時空パターン予測問題への応用における基本的な情報を与えた。 
(英) This paper studies Digital Multi-Layer Perceptron (DLP) characterized by signum activation function and binary connection parameters.
The DLP can realize various Boolean functions provided a sufficient number of hidden neurons are used.
As a typical example, rules of Binary Cellular Automata (BCA) are used
as teacher signals.
Applying a simple algorithm, the DLP can learn the rules and can be a robust system than the original ruletable.
Performing numerical experiments, we have given basic information for application to spatiotemporal pattern prediction problems.
キーワード (和) ディジタルMLP / バイナリーセルラーオートマトン / ロバスト性 / 時空パターン予測 / / / /  
(英) Digital Multi-Layer Perceptron / Binary Cellular Automaton / rubust system / spatiotemporal pattern prediction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 328, NC2007-59, pp. 25-29, 2007年11月.
資料番号 NC2007-59 
発行日 2007-11-11 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2007-11-18 - 2007-11-19 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga Univ. 
テーマ(和) ニューロハードウェア, 一般 
テーマ(英) neuro-hardware, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2007-11-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2値結合を有するディジタルMLPとその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Digital MLP with Binary Connection and Its Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディジタルMLP / Digital Multi-Layer Perceptron  
キーワード(2)(和/英) バイナリーセルラーオートマトン / Binary Cellular Automaton  
キーワード(3)(和/英) ロバスト性 / rubust system  
キーワード(4)(和/英) 時空パターン予測 / spatiotemporal pattern prediction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 享 / Tohru Abe / アベ トオル
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: HU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 利通 / Toshimichi Saito / サイトウ トシミチ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: HU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-18 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2007-59 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2007-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会