お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-17 13:30
考えさせる教材に関するケーススタディ ~ ドップラー効果等の例 ~
宮田昌近金沢工大ET2007-51
抄録 (和) コンピュータ・ネットワークを利用した教育,とくにアニメーションを含む教材は図書にはない効果をもっている.ただし,現象の理解は必ずしも創造力の向上を意味しない.学生に発見的に考えさせるには,むしろ抽象化されたモデルの方が望ましい場合があり,このためには教える側が良いモデルを提供する必要がある.物理学におけるドップラー効果の説明を例にとり,伝統的なモデルのどこが冗長で何が欠けているかを具体的に示し,改良したモデルの一案を示す.また,モデルの改良を要しない場合でも発見的に考えさせる問題は欠かせない.この例として,行列式の定義を復習する.なお,いずれの試作教材も動的であるためWebに掲示する. 
(英) It is necessary to provide refined models to students in order to make them innovative. This paper describes an example of improvement of conventional models which are popular in education of science. This example concerns with Doppler shift --- What is redundant and what is lacked in popular figures are mentioned, comparing with the proposed model which has both spatial and temporal axis in the figure. Even when a new model is not necessary, it is desirable to show problems not only for applying/proving formulas but for finding formulas. For example, how many students can guess the background of the definition of the determinant?
キーワード (和) モデリング / 発見的 / ドップラー効果 / 行列式 / / / /  
(英) modeling / heuristic / Doppler shift / determinant / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 327, ET2007-51, pp. 19-22, 2007年11月.
資料番号 ET2007-51 
発行日 2007-11-10 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-51

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-11-17 - 2007-11-17 
開催地(和) 金沢学院大学サテライト教室 
開催地(英) Kanazawagakuin Univ. 
テーマ(和) Web教育用コンテンツ開発技術と応用/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 考えさせる教材に関するケーススタディ 
サブタイトル(和) ドップラー効果等の例 
タイトル(英) How to make students innovative 
サブタイトル(英) An example of unconventional model 
キーワード(1)(和/英) モデリング / modeling  
キーワード(2)(和/英) 発見的 / heuristic  
キーワード(3)(和/英) ドップラー効果 / Doppler shift  
キーワード(4)(和/英) 行列式 / determinant  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 昌近 / Masachika Miyata / ミヤタ マサチカ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-17 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-51 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.327 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2007-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会