お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-15 13:00
音響情報により捕捉した画角外音源の追跡機能を備えた監視カメラシステムの構築に関する検討
長西将弘荒木潤一苣木禎史宇佐川 毅熊本大EA2007-73
抄録 (和) 周波数領域両耳聴モデルを応用した 3 素子アレイによる監視カメラ向けの音源方向推定手法が提案されている。マイクロホンによる音響情報を用いることで,画像情報のみでは対応が不可能であるカメラの画角外に存在する対象物の定位が期待される。本報告では,音源として日常に存在するインパルス音に近い信号を用いて残響のある音場において実験を行い,信号の立ち上がり近傍のフレームについてカメラの画角外音源に対する方向推定性能の評価を行った。結果,カメラ画角の水平方向および垂直方向両者において信号の立ち上がり近傍のフレームにおける方向推定結果は想定する監視カメラの画角内にあることが確かめられた。 
(英) A DOA estimation method utilizing three sensors by means of Frequency Domain Binaural Model (FDBM) has been proposed for the usage of the security camera system. This method provides a capability to detect the sound source which locates out-of-view angle. In this paper, accuracy of DOA estimation is examined in the reverberant sound field using an impulsive sound. DOA estimation is performed using frames around initial rise. According to the results, every estimated DOA is within a view angle of our security camera.
キーワード (和) 音源方向推定 / 周波数領域両耳聴モデル / 監視カメラシステム / 画角外音源 / / / /  
(英) Sound source localization / Frequency Domain Binaural Model / security camera system / out-of-view sound source / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 316, EA2007-73, pp. 1-6, 2007年11月.
資料番号 EA2007-73 
発行日 2007-11-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2007-73

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2007-11-15 - 2007-11-16 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2007-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音響情報により捕捉した画角外音源の追跡機能を備えた監視カメラシステムの構築に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On construction of a security camera system with sound source tracking function for out-of-view angle objects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源方向推定 / Sound source localization  
キーワード(2)(和/英) 周波数領域両耳聴モデル / Frequency Domain Binaural Model  
キーワード(3)(和/英) 監視カメラシステム / security camera system  
キーワード(4)(和/英) 画角外音源 / out-of-view sound source  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長西 将弘 / Masahiro Naganishi / ナガニシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 潤一 / Junichi Araki / アラキ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐川 毅 / Tsuyoshi Usagawa / ウサガワ ツヨシ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-15 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2007-73 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.316 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2007-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会