お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-15 12:50
位相自動調整機能を備えた多チャンネル音声IP転送システムの提案
岡田 敦君山博之小倉 毅NTTNS2007-94
抄録 (和) 放送局の中継番組の制作や各種コンテンツ制作における利用を目的として,多チャンネルの音声の位相ずれ補正を自動的に行いIPネットワークで転送する多チャンネル音声IP転送システムを提案する.ここで言う位相ずれ補正とは,逆相関係にある音声間の再生タイミングをずらして逆相関係を解消する操作であり,現状,放送局の音声エンジニアがミキシング作業時に手動で行っているこの動作を自動化することをめざす.会議システム等における音源位置推定手法として従来から知られているCSP法(Cross-power Spectrum Phase analysis)を利用し,これを用いて逆相関係にある音声の検出と再生タイミングのずらし量の算出を少ない計算量で行う方式を考案し,その基本機能を汎用PC上に実装した.評価の結果,チャンネル数40, 転送遅延時間33msecのユーザニーズを満たせる見込みを得た. 
(英) For the production of relay programs in broadcasting stations and for use in various types of contents production, we propose a multi channel IP-based audio transmission system with automatic phase adjustment, which shifts the output timing between audio signals to prevent opposite phase cancellation. We aim to automate this operation, which is currently performed manually by an audio engineer in the broadcasting station during mixing. We use cross-power spectrum phase (CSP) analysis, which is a talker localization method, for this phase adjustment. Using CSP analysis, we devised a method of calculating the amount of output timing shift with less processing and installed this basic function in a general-purpose personal computer. The evaluation results should lead to systems that can transmit 40 audio channels within 33 ms.
キーワード (和) 多チャンネル音声 / 位相ずれ補正 / CSP法 / IP転送 / / / /  
(英) multi channel audio / phase adjustment / CSP method / IP-transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 311, NS2007-94, pp. 1-6, 2007年11月.
資料番号 NS2007-94 
発行日 2007-11-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2007-94

研究会情報
研究会 NS ICM CQ  
開催期間 2007-11-15 - 2007-11-16 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Institute of System LSI Design Industry, Fukuoka 
テーマ(和) 次世代ネットワークアーキテクチャ,次世代ネットワークのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバーレイネットワーク,一般 
テーマ(英) NGN architecture, NGN operation architecture, Traffic modeling, Overlay networking, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2007-11-NS-TM-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相自動調整機能を備えた多チャンネル音声IP転送システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of multi channel IP-based audio transmission system with phase adjustment function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多チャンネル音声 / multi channel audio  
キーワード(2)(和/英) 位相ずれ補正 / phase adjustment  
キーワード(3)(和/英) CSP法 / CSP method  
キーワード(4)(和/英) IP転送 / IP-transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 敦 / Atsushi Okada / オカダ アツシ
第1著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 君山 博之 / Hiroyuki Kimiyama / キミヤマ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 毅 / Tsuyoshi Ogura / オグラ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-15 12:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2007-94 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2007-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会