電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-11-15 17:15
トラフィック多重化モデルに基づくリンク負荷推定方式
今井悟史富士通研)・鎌田正義富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・宗宮利夫富士通研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IP電話やVoDなど様々なリアルタイムアプリケーションの普及に伴い,ネットワーク品質管理が重要になってきている.これらのアプリケーションにとって,輻輳によるパケットロスの発生は品質劣化を引き起こす要因となり,特にトラフィックが集中するボトルネックリンクにおいては,ネットワーク負荷増大に伴い,品質劣化を引き起こしやすい.そのため,ボトルネックリンクにおけるトラフィック負荷の変化をリアルタイムに計測/監視する機構が必要となる.
本報告では,音声または映像トラフィックを対象とし,ボトルネックリンクを経由するパケットの遅延挙動を待ち行列モデルで近似し,アクティブ計測により取得された遅延特性を用いることでリンク負荷をリアルタイムに推定する仕組みを提案する. 
(英) A quality management becomes an important issue with the development of real-time applications, such as IP-phone, video on demand (VoD). For these applications,packet loss caused by a network congestion has a negative impact on the application quality, and specially it is easy to deteriorate the application quality as loads increase on bottleneck links where traffic concentrates.
Therefore, a mechanism to monitor load changes in real-time is required for the bottleneck links.

In this paper, we approximate delay characteristics of transmission packets for voice or video traffics on a bottleneck link by the queuing theory, and we propose an estimation scheme to traffic loads in real-time based on the delay characteristics derived by an active measurement.
キーワード (和) VoIP / VoD / トラフィック負荷推定 / 待ち行列理論 / アクティブ計測 / / /  
(英) VoIP / VoD / load estimation / queuing theory / active measurement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 312, CQ2007-77, pp. 31-36, 2007年11月.
資料番号 CQ2007-77 
発行日 2007-11-08 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS ICM CQ  
開催期間 2007-11-15 - 2007-11-16 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Institute of System LSI Design Industry, Fukuoka 
テーマ(和) 次世代ネットワークアーキテクチャ,次世代ネットワークのオペレーションアーキテクチャ,トラヒック計測・モデリング・品質,オーバーレイネットワーク,一般 
テーマ(英) NGN architecture, NGN operation architecture, Traffic modeling, Overlay networking, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2007-11-NS-TM-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラフィック多重化モデルに基づくリンク負荷推定方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Link Load Estimation Method Based on Multiplexed Traffic Models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(2)(和/英) VoD / VoD  
キーワード(3)(和/英) トラフィック負荷推定 / load estimation  
キーワード(4)(和/英) 待ち行列理論 / queuing theory  
キーワード(5)(和/英) アクティブ計測 / active measurement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 悟史 / Satoshi Imai / イマイ サトシ
第1著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 正義 / Masayoshi Kamada /
第2著者 所属(和/英) 富士通九州ネットワークテクノロジーズ (略称: 富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
Fujitsu Kyushu Network Technologies (略称: QNET)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗宮 利夫 / Toshio Soumiya /
第3著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Lab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-11-15 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2007-77 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2007-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会