お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-10-25 15:45
統計情報を利用したトラフィックバリエーションの見積もりに関する研究
原田義明岡村耕二九大IA2007-33
抄録 (和) これまでインターネットの挙動を把握するための研究が多くなされてきたが,統計情報を用いた解析ではリアルタイムな異常検知ができないという問題点がある.しかし,相関関係などの解析により通信傾向や変化の前兆を把握することができれば,将来のデータを予測することができる.本論文では,フローデータを統計情報として用いて,変化が起こる際のトラフィックパターンを解析することでインターネットの挙動の把握を行っている.フローデータ解析は,ポート番号や利用プロトコル番号,通信対象ASなどに細分化して行い,より詳細な解析を行う.異常な通信の例として停電を挙げ,停電時のフローデータの挙動の解析を行っている. 
(英) %英文100ワード程度


This paper analyzed the statistical information to assess the traffic behaivior in Internet. There is a problem with statistics analysis that it is impossible to anomaly detection in real time, but we can forecast a change in Internet traffic by the detailed analysis. We used the collected Flow Data stored in Hard Disk in Kyushu Univ. as statistics, and analyze the traffic behaivior by dividing Flow Data by port number, AS number, and country. In this paper, we show the tendency of Internet traffic in nomal traffic and some outage.
キーワード (和) フローデータ / AS / トラフィック解析 / 不正検知 / / / /  
(英) Flow Data / AS / Traffic Analysis / Anomaly Detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 280, IA2007-33, pp. 15-20, 2007年10月.
資料番号 IA2007-33 
発行日 2007-10-18 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2007-33

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2007-10-25 - 2007-10-26 
開催地(和) 福岡ソフトリサーチパーク 
開催地(英) Fukuoka SRP Center Building 
テーマ(和) 高品質インターネット及び一般(IPSJ QAI共催/インターネットコンファレンス2007併催) 
テーマ(英) Quality Aware Internet,etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2007-10-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統計情報を利用したトラフィックバリエーションの見積もりに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Prediction of Internet Traffic Variation using Statistics Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フローデータ / Flow Data  
キーワード(2)(和/英) AS / AS  
キーワード(3)(和/英) トラフィック解析 / Traffic Analysis  
キーワード(4)(和/英) 不正検知 / Anomaly Detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 義明 / Yoshiaki Harada / ハラダ ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 耕二 / Koji Okamura / オカムラ コウジ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-10-25 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2007-33 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.280 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2007-10-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会