お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-10-22 15:15
QOCの相対的重みに関する表現能力欠如を解決するRational Decision Makingを用いた設計根拠獲得手法
小林祐介櫨山淳雄学芸大SS2007-31
抄録 (和) 近年,ソフトウェア設計において,設計根拠獲得の重要性が広く認識されている.そして,設計根拠獲得のためにQOC (Questions, Options, and Criteria)などの設計根拠モデルが提案されてきた.本稿では,このQOCに焦点をあて,Shumが実証的研究により明らかにしたQOCの相対的重みに関する表現能力欠如の問題をRational Decision Making (RDM)を用いて解決する手法を提案する.RDMを用いることで不明確であったQOCの相対的重みが合理的に算出されるだけでなく,意思決定の結果,QOCに則った設計根拠を獲得することができる. 
(英) It is widely acknowledged that elicitation of design rationale is important in software design. Thus far, design rationale models have been proposed such as QOC (Questions, Options, and Criteria) to elicit design rationale.This study focuses on QOC and proposes a design rationale elicitation method that solves the issues pointed out by Shum, which lack expression power with respect to relative weights for criteria and options in QOC by rational decision making (RDM).By using RDM, not only relative weights for criteria and options in QOC are calculated in a rational way, but also design rationale based on QOC can be elicited as the result of RDM.
キーワード (和) 設計根拠 / 意思決定 / QOC / Rational Decision Making / Analytic Hierarchy Process / / /  
(英) Design Rationale / Decision Making / QOC / Rational Decision Making / Analytic Hierarchy Process / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 275, SS2007-31, pp. 7-12, 2007年10月.
資料番号 SS2007-31 
発行日 2007-10-15 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2007-31

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2007-10-22 - 2007-10-23 
開催地(和) 宮城大学 
開催地(英) Miyagi Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2007-10-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QOCの相対的重みに関する表現能力欠如を解決するRational Decision Makingを用いた設計根拠獲得手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design Rationale Elicitation Method Using Rational Decision Making to Resolve The Lack of Expression Power about QOC's Relative Weight 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 設計根拠 / Design Rationale  
キーワード(2)(和/英) 意思決定 / Decision Making  
キーワード(3)(和/英) QOC / QOC  
キーワード(4)(和/英) Rational Decision Making / Rational Decision Making  
キーワード(5)(和/英) Analytic Hierarchy Process / Analytic Hierarchy Process  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 祐介 / Yusuke Kobayashi / コバヤシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei Universitiy (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 淳雄 / Atsuo Hazeyama / ハゼヤマ アツオ
第2著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei Universitiy (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-10-22 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2007-31 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.275 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2007-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会