お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-10-19 13:00
不完全データの場合のサンプル数の推定
廣瀬英雄九工大R2007-37
抄録 (和) 壊れやすいサンプルと壊れにくいサンプルとが混合されたとき,壊れやすいサンプルの分布のパラメータとサンプル数の推定法を,trunsored modelとtruncated modelをそれぞれ用いて示している.打ち切り時間が長くなるとき,サンプル数の推定値の信頼区間の幅はtrunsored modelでは正の一定値に近づくが,truncated modelでは0に近づく.典型的な例としてSARSのケースを紹介している. 
(英) A method to obtain the estimates for parameters and the size of fragile population and their confidence intervals in the trunsored and truncated models is introduced. When the censoring time becomes large, the width of the confidence interval for the size of fragile population in the trunsored model tends to a positive constant value, whereas that in the truncated model tends to zero.
A typical example of the method applied to the case fatality ratio of SARS shows different confidence intervals between the trunsored model and the truncated model.
キーワード (和) trunsored data / truncated data / 壊れやすい / 壊れにくい / 信頼区間 / 致死率 / SARS /  
(英) trunsored data / truncated data / fragile / durable / confidence interval / case fatality ratio / SARS /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 270, R2007-37, pp. 1-6, 2007年10月.
資料番号 R2007-37 
発行日 2007-10-12 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2007-37

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2007-10-19 - 2007-10-19 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu University 
テーマ(和) 信頼性一般 
テーマ(英) Reliability, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2007-10-R 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 不完全データの場合のサンプル数の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation for the sample size in incomplete data cases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) trunsored data / trunsored data  
キーワード(2)(和/英) truncated data / truncated data  
キーワード(3)(和/英) 壊れやすい / fragile  
キーワード(4)(和/英) 壊れにくい / durable  
キーワード(5)(和/英) 信頼区間 / confidence interval  
キーワード(6)(和/英) 致死率 / case fatality ratio  
キーワード(7)(和/英) SARS / SARS  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 英雄 / Hideo Hirose / ヒロセ ヒデオ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-10-19 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2007-37 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2007-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会