電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-10-04 13:50
立体表示を用いない風インタフェースの開発
鈴木由里子小林 稔NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 我々は利用者に拘束感を与えることなく物体との接触感覚を提示する風インタフェースを開発している.風インタフェースは, テーブル上に配置された複数のノズルの一つから空気を噴出し,利用者がもつ風受容器に風を当てることで,テーブル上に立体表示されたCGオブジェクトに触っているかのような感覚を表現する力覚提示技術である.立体表示は,その重要な構成要素であるが,子ども向けの施設等からは,立体表示を用いない構成への要望があった.そこで,立体表示を用いずに風圧による力覚提示を効果的に使用する方法の開発に取り組んだ.本報告では,2次元表示と風圧による力覚提示を組み合わせた風インタフェースの設計と,その実装システムについて報告する. 
(英) We have developed the Air Jet Interface, an untethered virtual reality system using air pressure to provide force feedback. Virtual objects are presented using a projection-based stereo display. When a user touches a virtual object with an “air receiver”, the system releases air from an array of nozzles that are embedded in the table. The air impacts the air receiver held by the user, presenting the feeling that he or she is actually touching the object. The stereo display is an important component to make this feeling of touching an object convincing. However, we have received demand for a system that does not use the stereo display. In this paper, we describe the design and implementation of a new Air Jet Interface system that uses a simpler 2-dimensional display instead of stereo display.
キーワード (和) 無拘束インタフェース / フォースフィードバック / 噴出制御 / 仮想環境 / / / /  
(英) Untethered interface / Force feedback interface / Air pressure control / Virtual environment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 242, MVE2007-42, pp. 31-36, 2007年10月.
資料番号 MVE2007-42 
発行日 2007-09-27 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2007-10-04 - 2007-10-05 
開催地(和) 旭川市科学館「サイパル」 
開催地(英) Asahikawa Science Center 
テーマ(和) 仮想都市,複合現実感,および一般 
テーマ(英) Cyber Space, Mixed Reality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2007-10-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体表示を用いない風インタフェースの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Air Jet Interface Without Stereo Display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無拘束インタフェース / Untethered interface  
キーワード(2)(和/英) フォースフィードバック / Force feedback interface  
キーワード(3)(和/英) 噴出制御 / Air pressure control  
キーワード(4)(和/英) 仮想環境 / Virtual environment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 由里子 / Yuriko Suzuki / スズキ ユリコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Solutions Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 稔 / Minoru Kobayashi / コバヤシ ミノル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサイバーソリューション研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Solutions Laboratories, NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-10-04 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2007-42 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2007-09-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会