お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-09-21 09:30
変位電流法を用いたフタロシアニン真空蒸着膜の物性評価
末弘孝一大多英隆古川昌司九工大ED2007-144 OME2007-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2007-144 OME2007-31
抄録 (和) 変位電流法を用いてフタロシアニン真空蒸着膜の物性評価を行った。使用したフタロシアニンはメタルフリーフタロシアニン(H2Pc)である。保護膜が有る試料と無い試料に対して測定を行った。保護膜はトルエンを溶媒としたポリスチレン3 [wt.%]の溶液を用いてキャスト法にて成膜した。この測定により、キャリア挙動と大気との関係について調べた。 その結果、保護膜無しの試料には多くのトラップが存在し、保護膜有りの試料にはトラップが存在しないことが分かった。従って、保護膜によって試料の劣化を防げることが分かった。 
(英) We have investigated the vacuum-evaporated thin films of phthalocyanine using displacement current method. We used metal-free phthalocyanine (H2Pc). We have prepared two kinds of specimens. One is the specimen with a passivation film. The other is the specimen without a passivation film. The passivation films were prepared by casting toluene solution containing 3 [wt.%] polystyrene. The relation between the carrier transfer characteristics and the atmosphere has been examined. As a result, it is found that there are many traps in the specimen without the passivation film, whereas there are little traps in the specimen with the passivation film.
キーワード (和) 変位電流法 / フタロシアニン / メタルフリーフタロシアニン / 真空蒸着 / / / /  
(英) Displacement Current Method / Phthalocyanine / Metal-Free Phthalocyanine / Vacuum Evaporation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 227, ED2007-144, pp. 1-6, 2007年9月.
資料番号 ED2007-144 
発行日 2007-09-14 (ED, OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2007-144 OME2007-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2007-144 OME2007-31

研究会情報
研究会 ED OME  
開催期間 2007-09-21 - 2007-09-21 
開催地(和) 九州工業大学 飯塚キャンパス 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) センサーデバイス・MEMS・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2007-09-ED-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変位電流法を用いたフタロシアニン真空蒸着膜の物性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Physical Properties of Phthalocyanine Thin Films Prepared by Vacuum Evaporation Technique Using Displacement Current Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変位電流法 / Displacement Current Method  
キーワード(2)(和/英) フタロシアニン / Phthalocyanine  
キーワード(3)(和/英) メタルフリーフタロシアニン / Metal-Free Phthalocyanine  
キーワード(4)(和/英) 真空蒸着 / Vacuum Evaporation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 末弘 孝一 / Koichi Suehiro / スエヒロ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大多 英隆 / Hidetaka Ohta / オオタ ヒデタカ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 昌司 / Shoji Furukawa /
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-09-21 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2007-144,IEICE-OME2007-31 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.227(ED), no.228(OME) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2007-09-14,IEICE-OME-2007-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会