お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-09-21 16:15
間接競合SPR免疫センサによるTNTの高感度検出のための固定化ハプテンの選択
水田 完小野寺 武プラビーン シン三浦則雄松本 清都甲 潔九大ED2007-155 OME2007-42 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2007-155 OME2007-42
抄録 (和) 表面プラズモン共鳴(SPR)免疫センサを用いた間接競合法により,爆薬成分であるトリニトロトルエン(TNT)の高感度検出を試みた.金薄膜表面にジチオール自己組織化単分子膜(SAMs)を形成させ、タンパク質の非特異的吸着を抑制する機能を有するポリエチレングリコール(PEG)リンカーを介してTNT類似化合物を固定化させたセンサチップを作製した.センサチップ表面には,ハプテンとして3種類のTNT類似化合物を固定し,各ハプテンとTNT抗体との親和性の違いがTNTの検出感度に及ぼす影響について検討した. 
(英) In order to detect trinitrotoluene (TNT) with high sensitivity, SPR immunosensor with indirect competitive method was used. In the development of the sensor chip, dithiol self-assembled monolayers were formed on the Au surface, and TNT analogues were attached to them through polyethylene glycol chain to reduce non specific adsorption of protein. Three kinds of TNT analogues were immobilized to the sensor chip surfaces and we examined whether there is a significant influence of the hapten structure and their affinity to TNT antibody on the sensitivity of TNT detection.
キーワード (和) SPR / 間接競合阻害法 / TNT / 非特異的吸着 / ハプテン / 結合定数 / /  
(英) SPR / Indirect competitive assay / TNT / Nonspecific adsorption / Hapten / Affinity constant / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 227, ED2007-155, pp. 59-64, 2007年9月.
資料番号 ED2007-155 
発行日 2007-09-14 (ED, OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2007-155 OME2007-42 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2007-155 OME2007-42

研究会情報
研究会 ED OME  
開催期間 2007-09-21 - 2007-09-21 
開催地(和) 九州工業大学 飯塚キャンパス 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) センサーデバイス・MEMS・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2007-09-ED-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 間接競合SPR免疫センサによるTNTの高感度検出のための固定化ハプテンの選択 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Selection of hapten structures for highly sensitive detection of TNT using SPR immunosensor by indirect competitive method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SPR / SPR  
キーワード(2)(和/英) 間接競合阻害法 / Indirect competitive assay  
キーワード(3)(和/英) TNT / TNT  
キーワード(4)(和/英) 非特異的吸着 / Nonspecific adsorption  
キーワード(5)(和/英) ハプテン / Hapten  
キーワード(6)(和/英) 結合定数 / Affinity constant  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水田 完 / Yutaka Mizuta / ミズタ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 武 / Takeshi Onodera / オノデラ タケシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) プラビーン シン / Praveen Singh / プラビーン シン
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 則雄 / Norio Miura / ミウラ ノリオ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 清 / Kiyoshi Matsumoto / マツモト キヨシ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 都甲 潔 / Kiyoshi Toko / トコウ キヨシ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-09-21 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2007-155,IEICE-OME2007-42 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.227(ED), no.228(OME) 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2007-09-14,IEICE-OME-2007-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会