電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-09-21 17:00
共生コンピューティングに基づく子供見守り支援システムの設計
小田原 亨内海哲史小出和秀白鳥則郎東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,我々の提唱する共生コンピューティングの概念に基づき,柔軟な危険判定を行うことで不要な警告を抑制し,保護者の心配・不安を軽減する子供の見守り支援システムを提案する.
共生コンピューティングとは,ディジタル空間が現実空間の人間の振舞いや社会性を理解することにより,人間の活動を自律的に支援するコンピューティングである.
これにより,従来のシステムでは困難であった,子供の居る場所の状況や一緒に行動する友人等,子供を取り巻く様々な状況や要因を考慮した,柔軟な危険判定のできる子供見守り支援システムが可能となる.
本稿では,子供の見守り支援システムの設計を中心に述べる. 
(英) Based on the concept of Symbiotic Computing, our proposed children watch-over support system reduces unnecessary alarm with its intelligent decision making capability to releave parents from their worry.
Symbiotic Computing is a new computing that autonomously supports human activities, by understanding behavior and sociality of people in real world. By using this concept, our system can make appropriate decision considering the situation of the children and their surrounding, which is difficult for conventional watch-over support systems.
In this paper, we mainly focus on the design of our children watch-over support system.
キーワード (和) 子供見守り支援システム / 共生コンピューティング / コンテクストアウェアネス / / / / /  
(英) Watch-over support system for children / Symbiotic computing / Context-awareness / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 222, IN2007-75, pp. 185-189, 2007年9月.
資料番号 IN2007-75 
発行日 2007-09-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS CS IN  
開催期間 2007-09-20 - 2007-09-21 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) オーバーレイネットワーク,VPN,DDoS,ネットワークセキュリティ,P2P通信,ネットワークソフトウェア,一般 
テーマ(英) Overlay networks, VPN, DDos, network security, p2p communications, network software, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2007-09-NS-CS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共生コンピューティングに基づく子供見守り支援システムの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Children watch-over support system based on symbiotic computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 子供見守り支援システム / Watch-over support system for children  
キーワード(2)(和/英) 共生コンピューティング / Symbiotic computing  
キーワード(3)(和/英) コンテクストアウェアネス / Context-awareness  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田原 亨 / Toru Odawara / オダワラ トオル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 哲史 / Satoshi Utsumi / ウツミ サトシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 和秀 / Kazuhide Koide / コイデ カズヒデ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白鳥 則郎 / Norio Shiratori / シラトリ ノリオ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-09-21 17:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2007-75 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.222 
ページ範囲 pp.185-189 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IN-2007-09-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会