お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-09-01 14:25
ログファイルを利用したオープンソースソフトウェアのインストールマニュアル自動生成法の提案
村上幸一高松高専)・舩曵信生岡山大)・徳永秀和重田和弘高松高専ET2007-33
抄録 (和) オープンソースソフトウェア(以下OSS)は,ソースコードをインターネットなどを通じて無償で公開したものであり,設計の公開性や導入コストなどのメリットから,企業や官庁,大学などにおいて広く利用されつつある.しかし,OSSはその利用開発者が,本来の開発業務に加えてマニュアルの作成を行う必要があるため,開発者の負担が大きい.そのためドキュメント化やマニュアルの整備が進んでおらず,初心者にはOSSのインストール作業を行うことすら容易ではない.そこで本論文では,OSS利用の初心者のためのマニュアル整備を目的として,テキストと映像のログファイルを利用したOSSインストールマニュアルの自動生成法について提案する.評価実験の結果,従来手法ではインストール作業を終了できなかったと思われる被験者でも,提案手法を用いることにより終了できることがわかった. 
(英) An open source software (OSS) is a software whose source code is public through the Internet, so that everybody can use and modify it freely. As a result, a lot of companies, governments, and universities are now using OSS. However, the use of OSS is actually hard for beginners because OSS has few good manuals, where OSS has been developed by volunteers. In this paper, we propose a method of automatically generating a manual for installing OSS using log files at the installation process by a trained user. Our experimental results for its evaluations using the installation of Tomcat, an Web OSS, show that more people could complete the installation of this OSS by using the manual generated by the proposed method than by using the existing manual on an Web site.
キーワード (和) オープンソースソフトウェア / インストールマニュアル / 自動生成 / ログファイル / / / /  
(英) open source software / installation manual / automatic generation / log file / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 205, ET2007-33, pp. 51-56, 2007年9月.
資料番号 ET2007-33 
発行日 2007-08-25 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2007-33

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2007-09-01 - 2007-09-01 
開催地(和) 大阪府立工業高等専門学校 
開催地(英) Osaka Prefectural college of technology 
テーマ(和) 情報教育/一般 
テーマ(英) 【キーワード:情報リテラシー教育、情報モラル教育、プログラミング教育、プレゼンテーション能力の育成、高等学校教科「情報」への対応、情報検索支援、FD、情報教育カリキュラム、LMS、評価支援】* 開催日の関係で、申込み日と原稿締め切り日が通常より早くなっています。ご注意ください 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2007-09-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ログファイルを利用したオープンソースソフトウェアのインストールマニュアル自動生成法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of an automatic manual generation method for installing open source softwares using log files 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オープンソースソフトウェア / open source software  
キーワード(2)(和/英) インストールマニュアル / installation manual  
キーワード(3)(和/英) 自動生成 / automatic generation  
キーワード(4)(和/英) ログファイル / log file  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 幸一 / Yukikazu Murakami / ムラカミ ユキカズ
第1著者 所属(和/英) 高松工業高等専門学校 (略称: 高松高専)
Takamatsu National College of Technology (略称: takatec)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 秀和 / Hidekazu Tokunaga / トクナガ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 高松工業高等専門学校 (略称: 高松高専)
Takamatsu National College of Technology (略称: takatec)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 重田 和弘 / Kazuhiro Shigeta / シゲタ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 高松工業高等専門学校 (略称: 高松高専)
Takamatsu National College of Technology (略称: takatec)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-09-01 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2007-33 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2007-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会