お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-31 13:55
[口頭発表]月面へのピンポイント着陸ミッションのためのC帯パルスレーダ開発 ~ 着陸レーダBBMの開発状況 ~
佐藤哲平東京理科大)・坂井智彦福田盛介水野貴秀JAXA
抄録 (和) 着陸機を使った月や惑星への科学観測ミッションでは,着陸システムに対して分散誤
差100m以下のピンポイント着陸技術が要求されている.
本研究で開発している着陸レーダはC帯のマイクロ波パルスを使用して機体の高度及び速度を同時に測定する機能をもち,ピンポイント着陸を実現する上で必須の航法センサーである.
本稿では着陸レーダBBMの開発状況について述べるとともに,航空機を用いて実施した動作試験について報告する. 
(英) For scientific observation using a lunar and a planetary lander, the pinpoin
t landing technology that ambiguity is less than 100m must be needed to land
ing system. A landing radar that measure an altitude and velocity of a space
craft with microwave is very important navigation sensor to realize the pinp
oint landing. It is a mandatory sensor for any future missions of planetary
landing. This report describes that the current status of the BBM developmen
t and the result of field experiment using a helicopter.
キーワード (和) 着陸レーダ / ドップラ / パルスレーダ / 月探査 / 月ミッション / / /  
(英) Landing radar / doppler / pulse radar / lunar exploration / lunar mission / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2007-08-31 - 2007-08-31 
開催地(和) 新潟大 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) 環境計測及び一般 
テーマ(英) Environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2007-08-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [口頭発表]月面へのピンポイント着陸ミッションのためのC帯パルスレーダ開発 
サブタイトル(和) 着陸レーダBBMの開発状況 
タイトル(英) Development of the C-Band Pulse Radar for Pinpoint Landing Mission to the Lunar Surface 
サブタイトル(英) Development status of the Planetary Landing Radar BBM 
キーワード(1)(和/英) 着陸レーダ / Landing radar  
キーワード(2)(和/英) ドップラ / doppler  
キーワード(3)(和/英) パルスレーダ / pulse radar  
キーワード(4)(和/英) 月探査 / lunar exploration  
キーワード(5)(和/英) 月ミッション / lunar mission  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 哲平 / Teppei Sato / サトウ テッペイ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 智彦 / Tomohiko Sakai / サカイ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 盛介 / Seisuke Fukuda / フクダ セイスケ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 貴秀 / Takahide Mizuno / ミズノ タカヒデ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-31 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.202 
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会