電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-24 16:00
上り回線MIMO-OFDMAシステムにおける並列干渉除去を用いたキャリア周波数オフセット補償法
尾形真輝佐波孝彦千葉工大RCS2007-73
抄録 (和) 上り回線MIMO-OFDMA(multiple input multiple output orthogonal frequency division multiple access)システムでは,各ユーザの使用する局部発振器が異なることから,CFO(carrier frequency offset)の量がユーザ毎に異なる.CFOが存在するとサブキャリア間の直交性が崩れ,復号特性の著しい劣化を招く.したがって,上り回線MIMO-OFDMAシステムにおいてCFOを補正することは不可欠である.しかし,各ユーザのCFOの量は異なることから,OFDMシステムにおいて提案されている単一ユーザのCFO補償法をそのまま適用することはできない.本論文では,PIC(parallel interference cancellation)の原理を利用することでCFOを補償する方法を提案する.CFOをユーザ毎に補償するには,CFO補償を行う前に重なって受信された信号をあらかじめ個々のユーザの信号に分離する必要がある.提案受信機はPICの原理を用いることでCFO補償前に各ユーザの信号に分離する.シミュレーションより提案方式は高Eb/N0(bit energy to noise power spectral density ratio)において効果的にCFOを補償できることを示す. 
(英) In the uplink of multiple input multiple output orthogonal frequency division multiple access (MIMO-OFDMA) systems, the amounts of carrier frequency offsets (CFOs) are different in each user because every user uses their own local oscillators. CFO spoils the orthogonality among subcarriers and causes notable degradation in demodulation performance. Thus, CFO must be compensated for in MIMO-OFDMA systems. However, since the amounts of CFOs are different in each user, CFO compensation schemes for single user, such as OFDM systems, cannot be used directly. In this paper, we propose a CFO compensation scheme which uses the principle of parallel interference cancellation (PIC). To compensate for CFO individually, the superposed received signals must be separated into each user's component before CFO compensation. The proposed receiver can achieve this by using the principle of PIC. Simulation results can show the proposed system effectively compensates for CFO, especially in a high bit energy to noise power spectral density ratio (Eb/N0) region.
キーワード (和) MIMO-OFDMA / キャリア周波数オフセット / 並列干渉除去 / / / / /  
(英) MIMO-OFDMA / Carrier Frequency Offset / Parallel Interference Cancellation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 192, RCS2007-73, pp. 117-122, 2007年8月.
資料番号 RCS2007-73 
発行日 2007-08-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2007-73

研究会情報
研究会 RCS AN  
開催期間 2007-08-23 - 2007-08-24 
開催地(和) 新潟大 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) アドホックネットワーク,メッシュネットワーク,および無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-08-RCS-AN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 上り回線MIMO-OFDMAシステムにおける並列干渉除去を用いたキャリア周波数オフセット補償法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Carrier Frequency Offset Compensation Combined with Parallel Interference Cancellation in Uplink MIMO-OFDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO-OFDMA / MIMO-OFDMA  
キーワード(2)(和/英) キャリア周波数オフセット / Carrier Frequency Offset  
キーワード(3)(和/英) 並列干渉除去 / Parallel Interference Cancellation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾形 真輝 / Masaki Ogata / オガタ マサキ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐波 孝彦 / Takahiko Saba / サバ タカヒコ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-24 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2007-73 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.192 
ページ範囲 pp.117-122 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2007-08-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会