電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-24 09:40
Cognitive Radio System with Carrier Sense Assisted by Cellular System
Anwida PrompijitKeio Univ.)・Takeo FujiiUniv. of Electro-Comm.)・Shinichiro HaruyamaMasao NakagawaKeio Univ.RCS2007-62
抄録 (和) Cognitive radio offers a tempting solution to increase the spectrum usage efficiency by proposing opportunistic usage of frequency bands among licensed users and secondary users. This paper focuses on mitigating the interference that may occur when the secondary user is unaware of the primary user痴 active period; known as hidden terminal problem. Path attenuation and shadowing effect are also considered. In this paper, in order to enhance the sensing capability of the cognitive radio system, we propose a cognitive radio system with the combination of active and passive awareness types, by the collaboration of carrier sense and cellular system. Here, we present the simulation results of the system with microwave relays as a primary user and ad hoc cognitive radio terminals as a secondary user. Three different cases are evaluated; the conventional system, the system with carrier sense, and the system with carrier sense assisted by cellular system. 
(英) Cognitive radio offers a tempting solution to increase the spectrum usage efficiency by proposing opportunistic usage of frequency bands among licensed users and secondary users. This paper focuses on mitigating the interference that may occur when the secondary user is unaware of the primary user痴 active period; known as hidden terminal problem. Path attenuation and shadowing effect are also considered. In this paper, in order to enhance the sensing capability of the cognitive radio system, we propose a cognitive radio system with the combination of active and passive awareness types, by the collaboration of carrier sense and cellular system. Here, we present the simulation results of the system with microwave relays as a primary user and ad hoc cognitive radio terminals as a secondary user. Three different cases are evaluated; the conventional system, the system with carrier sense, and the system with carrier sense assisted by cellular system.
キーワード (和) Cognitive Radio / Hidden Terminal Problem / Passive and Active Awareness Types / / / / /  
(英) Cognitive Radio / Hidden Terminal Problem / Passive and Active Awareness Types / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 192, RCS2007-62, pp. 51-56, 2007年8月.
資料番号 RCS2007-62 
発行日 2007-08-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2007-62

研究会情報
研究会 RCS AN  
開催期間 2007-08-23 - 2007-08-24 
開催地(和) 新潟大 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) アドホックネットワーク,メッシュネットワーク,および無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2007-08-RCS-AN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cognitive Radio System with Carrier Sense Assisted by Cellular System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Cognitive Radio / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) Hidden Terminal Problem / Hidden Terminal Problem  
キーワード(3)(和/英) Passive and Active Awareness Types / Passive and Active Awareness Types  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Anwida Prompijit / Anwida Prompijit /
第1著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Takeo Fujii / Takeo Fujii /
第2著者 所属(和/英) The University of Electro-Communications (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Shinichiro Haruyama / Shinichiro Haruyama /
第3著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Masao Nakagawa / Masao Nakagawa /
第4著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-24 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2007-62 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.192 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2007-08-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会