電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-23 14:05
積層石英系光導波路の層間光方向性結合器の作製と評価
鈴木賢哉井藤幹隆才田隆志松井伸介杉田彰夫NTTエレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2007-35 CPM2007-56 OPE2007-73 LQE2007-36
抄録 (和) 積層石英系光導波路の層間光方向性結合器を作製・評価した.積層光導波路は,その製造上の制限から,上下層に異なる組成のガラス材料を使う必要がある.この制限は,上下層間で光弾性効果による伝搬定数の不整合を生じ,層間光方向性結合器の偏波依存性および非対称性を誘起する.本稿では,上下層間で導波路幅の調整,および応力開放溝により伝搬定数を整合させる方法を提案し,実証する. 
(英) We fabricated and evaluated interlayer directional couplers in a layered silica-based planar lightwave circuit (PLC). Because of limitation of fabrication, the layered silica-based PLC requires different glass components for the upper and lower waveguide layer. This limitation induces a mismatch of the propagation constants between the layers through photo-elastic effect, resulting in an asymmetry and a polarization dependence of the interlayer directional coupler. In this report, we propose countermeasures against the mismatch by using core width tuning and stress releasing grooves.
キーワード (和) 積層石英系光導波路 / 光方向性結合器 / 複屈折 / 光弾性効果 / / / /  
(英) Layered silica-based planar lightwave circuit / Directional coupler / Birefringence / Photo-elastic effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 197, CPM2007-56, pp. 33-37, 2007年8月.
資料番号 CPM2007-56 
発行日 2007-08-16 (EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 CPM LQE OPE EMD  
開催期間 2007-08-23 - 2007-08-24 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokaido Univ. 
テーマ(和) 光・電子デバイス実装,デバイス技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2007-08-CPM-LQE-OPE-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 積層石英系光導波路の層間光方向性結合器の作製と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characterization of interlayer directional coupler in layered silica-based planar lightwave circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 積層石英系光導波路 / Layered silica-based planar lightwave circuit  
キーワード(2)(和/英) 光方向性結合器 / Directional coupler  
キーワード(3)(和/英) 複屈折 / Birefringence  
キーワード(4)(和/英) 光弾性効果 / Photo-elastic effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 賢哉 / Kenya Suzuki / スズキ ケンヤ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井藤 幹隆 / Mikitaka Itoh / イトウ ミキタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 才田 隆志 / Takashi Saida / サイダ タカシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 伸介 / Shinsuke Matsui / マツイ シンスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉田 彰夫 / Akio Sugita / スギタ アキオ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-23 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-EMD2007-35,IEICE-CPM2007-56,IEICE-OPE2007-73,IEICE-LQE2007-36 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.196(EMD), no.197(CPM), no.198(OPE), no.199(LQE) 
ページ範囲 pp.33-37 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMD-2007-08-16,IEICE-CPM-2007-08-16,IEICE-OPE-2007-08-16,IEICE-LQE-2007-08-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会