電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-10 15:50
脈波伝搬に伴う血管壁の振動が壁面せん断応力に与える影響
福井智宏東北大)・Kim H. ParkerImperial College)・山口隆美東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 左心室の収縮によって生じる血管壁の振動(脈波)は,血管の末梢側へと伝搬する過程で,反射・減衰を繰り返す.脈波伝搬現象の解明は,ヒト体循環を知る上で重要であり,また,動脈硬化症のような心血管系疾患を考察する上でも非常に重要である.ところが従来の計算解析では,血管壁が剛体であると仮定し,血液流れのみに注目する研究(流体解析)が主流であり,血管壁の変形運動を考慮に入れる研究(連成解析)はほとんどされてこなかった.そこで本研究では,脈波が伝搬する際に生じる血管壁の振動が,壁面せん断応力に与える影響を流体―固体連成計算解析により定量的に調べ,動脈硬化症の発症・進展に与える影響を考察した. 
(英) The distribution of wall shear stress (WSS) in arteries is affected by both blood and wall motion. Most studies have ignored wall motion by assuming that the artery wall is rigid. To investigate the influence of wall oscillation we have solved the coupled fluid-solid problem in a straight tube with homogeneous and uniform wall. Two waves are generated by the pulse imposed at the inlet; a wave of longitudinal motion of the wall (the longitudinal wave) and a wave of radial motion of the wall (the elastic wave). The wave speed of the longitudinal wave is three times that of the elastic wave, which is comparable to that predicted by the Moens-Korteweg equation. The ends of the vessel are assumed to be fixed which results in the reflection of both waves. The longitudinal wall motion reduces the relative speed of the blood, reducing WSS by up to 0.5_Pa. The largest effect of wall motion occurs when the longitudinal and elastic waves coincide reducing the WSS by 1.0_Pa, which is physiologically significant.
キーワード (和) 脈波伝搬 / 壁振動 / 壁面せん断応力 / 連成計算解析 / 動脈硬化症 / / /  
(英) Pulse Wave Propagation / Wall Oscillation / Wall Shear Stress / Fluid-Solid Interaction / Atherosclerosis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 187, EA2007-54, pp. 47-50, 2007年8月.
資料番号 EA2007-54 
発行日 2007-08-03 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2007-08-09 - 2007-08-10 
開催地(和) 東北大学工学部 
開催地(英) School of Engineering, Tohoku University 
テーマ(和) 聴覚・音響信号処理/一般 
テーマ(英) Hearing, Audio Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2007-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脈波伝搬に伴う血管壁の振動が壁面せん断応力に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Arterial Wall Oscillation on Wall Shear Stress during Pulse Wave Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脈波伝搬 / Pulse Wave Propagation  
キーワード(2)(和/英) 壁振動 / Wall Oscillation  
キーワード(3)(和/英) 壁面せん断応力 / Wall Shear Stress  
キーワード(4)(和/英) 連成計算解析 / Fluid-Solid Interaction  
キーワード(5)(和/英) 動脈硬化症 / Atherosclerosis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 智宏 / Tomohiro Fukui / フクイ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kim H. Parker / Kim H. Parker / キム エイチ パーカー
第2著者 所属(和/英) Imperial College London (略称: Imperial College)
Imperial College London (略称: Imperial College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 隆美 / Takami Yamaguchi / ヤマグチ タカミ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-10 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2007-54 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2007-08-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会