お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-07 10:55
無歪画像改ざん検出法への暗号の適用法
穂坂 諒韓 昇佑藤吉正明貴家仁志首都大東京SIP2007-77 WBS2007-26
抄録 (和) 先に提案された原画像に歪みを与えない画像改ざん検出法に対して,その改ざん検出能力を暗号の適用によって向上する方法を提案する.原画像を参照せずにブロック単位での改ざん箇所の特定可能な無歪画像改ざん検出法が提案されている.しかし,この方法には検出不可能な改ざんが存在する.本稿では,埋め込み過程に暗号化を導入することによって,従来不可能であったこの改ざんの検出を可能とする方法を提案している.さらに,共通鍵方式,公開鍵方式の二つの暗号化方式の組み合わせを改ざん検出法の応用の観点から検討する. 
(英) This paper improves the tamper detecting ability of the conventional lossless image tamper detection method by applying cipher. The conventional method detects and localizes tamper in the block unit without using the original image, and recovers the original image. The proposed method introduces cipher technologies to overcome the undetectable tamper in the conventional method. Furthermore, the advantages of the combination of symmetric key and asymmetric key ciphers are studied from the perspective of image tamper detection.
キーワード (和) 可逆情報埋め込み / 置換攻撃 / 一方向性ハッシュ関数 / 真正性 / 認証 / / /  
(英) Reversible data hiding / Replacing attack / One-way hash function / Integrity / Authentication / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 181, SIP2007-77, pp. 31-36, 2007年8月.
資料番号 SIP2007-77 
発行日 2007-07-31 (SIP, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2007-77 WBS2007-26

研究会情報
研究会 WBS SIP  
開催期間 2007-08-06 - 2007-08-07 
開催地(和) 高知グリーン会館(2階,グリーンホール) 
開催地(英) Green Hall (2nd fl.), Kochi Green-Kaikan 
テーマ(和) 信号処理、スペクトル拡散、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2007-08-WBS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無歪画像改ざん検出法への暗号の適用法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Applying Cipher to the Lossless Image Tamper Detection Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可逆情報埋め込み / Reversible data hiding  
キーワード(2)(和/英) 置換攻撃 / Replacing attack  
キーワード(3)(和/英) 一方向性ハッシュ関数 / One-way hash function  
キーワード(4)(和/英) 真正性 / Integrity  
キーワード(5)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 穂坂 諒 / Ryo Hosaka / ホサカ リョウ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京大学院 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 昇佑 / Seungwu Han / ハン スンウ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京大学院 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 正明 / Masaaki Fujiyoshi / フジヨシ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-07 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2007-77,IEICE-WBS2007-26 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.181(SIP), no.183(WBS) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2007-07-31,IEICE-WBS-2007-07-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会