電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-08-07 11:10
バイナリーニューラルネットワークによるルールダイナミクスの合成
阿部 享斎藤利通法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は、シグナム関数と2値の結合パラメータを持つバイナリーニューラルネットワーク(BNNs)について研究している。BNNは多様なブール関数を実現することが出来る。その典型的な例としては、教師信号としてバイナリーセルラートーとマトン(BCA)のルール表として利用することである。ある簡単な学習アルゴリズムを適用することでBNNはBCAのルール表を学習できる。そして、BNNはBCAのダイナミクスを支配でき、ロバスト性を持っている。われわれは基本的な数値実験をすることで、BNNの効率的な関数が確認できた。 
(英) This paper studies binary neural networks (BNNs) characterized by signum
activation function and binary connection parameters.The BNNs can realize various Boolean functions.As a typical example, rules of Cellular Automata (CA) are used as teacher signals.Applying a simple algorithm, the BNN can learn the rules and can be a robust system that governs the dynamics of CA.Performing basic numerical experiments, efficient function of the BNN is confirmed.
キーワード (和) バイナリーニューラルネットワーク / バイナリーセルラーオートマトン / 中間層ニューロンの削除 / 復元率 / / / /  
(英) Binary Neural Networks / Binary Cellular Automaton / reduction of hidden neurons / / / reproduction rate / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 185, NLP2007-57, pp. 25-28, 2007年8月.
資料番号 NLP2007-57 
発行日 2007-07-31 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2007-08-06 - 2007-08-07 
開催地(和) 静岡大学工学部 
開催地(英)  
テーマ(和) 光カオス、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2007-08-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バイナリーニューラルネットワークによるルールダイナミクスの合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthesis of rule-dynamics by binary neural networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイナリーニューラルネットワーク / Binary Neural Networks  
キーワード(2)(和/英) バイナリーセルラーオートマトン / Binary Cellular Automaton  
キーワード(3)(和/英) 中間層ニューロンの削除 / reduction of hidden neurons  
キーワード(4)(和/英) 復元率 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) / reproduction rate  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 享 / Tohru Abe / アベト オル
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei Univ. (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 利通 / Toshimichi Saito / サイトウ トシミチ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei Univ. (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-08-07 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2007-57 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2007-07-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会