お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-27 15:25
内部統制を実現するためのデータベース・セキュリティ技術 ~ モニタリングからのコントロールへ ~
松永 豊東京エレクトロンデバイス)・大場みち子日立
抄録 (和) 情報漏洩の防止や規制遵守の要請により、データベース内の情報アクセスや変更に関するセキュリティ管理が必要になってきている。 ところが、データベースへのアクセスを記録する監査機能が成熟してきたのに比べて、不正な流出や改竄を未然に防止する手だては普及していない。 そこでデータベースのアクセス制御や不正操作の検知、暗号化など、利用可能な技術を調査し、特徴を分析した。 その上で各セキュリティ技術のさまざまなセキュリティ要件に対する適合性を検討した。 
(英) As the requirements for preventing information leakage and for regulation compliance are getting critical, the security management capability of the information access and modification in database systems is becoming necessity. However, compared with relatively established auditing functionality to log the database acccess, mechanism to prevent the information leakage and unauthorized modification is still not widely deployed. In this research, a variety of the available security technologies including access control, detection of unauthorized operation, and encryption are investigated and analyzed. Then we evaluated the technologies against the different security requirements for the best solution.
キーワード (和) 内部統制 / データベース / セキュリティ / アクセス制御 / 暗号化 / 監査 / /  
(英) Internal Control / Database / Security / Access Control / Encryption / Audit / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 164, OIS2007-25, pp. 65-70, 2007年7月.
資料番号  
発行日 2007-07-19 (OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 LOIS IPSJ-DC  
開催期間 2007-07-26 - 2007-07-27 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) オフィスインフォメーションシステム、ディジタルドキュメント、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-DC 
会議コード 2007-07-OIS-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 内部統制を実現するためのデータベース・セキュリティ技術 
サブタイトル(和) モニタリングからのコントロールへ 
タイトル(英) Database Security Technologies for Internal Control 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 内部統制 / Internal Control  
キーワード(2)(和/英) データベース / Database  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(4)(和/英) アクセス制御 / Access Control  
キーワード(5)(和/英) 暗号化 / Encryption  
キーワード(6)(和/英) 監査 / Audit  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 豊 / Yutaka Matsunaga / マツナガ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 東京エレクトロン デバイス株式会社 (略称: 東京エレクトロンデバイス)
Tokyo Electron Device Limited (略称: TED)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大場 みち子 / Michiko Oba / オオバ ミチコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Corporation (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-27 15:25:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IPSJ-DC 
資料番号 IEICE-OIS2007-25 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OIS-2007-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会