お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-27 14:30
サーバ型多重帰属VPNサービスアーキテクチャ
谷本茂明NTTOIS2007-24
抄録 (和) 近年,企業におけるイントラネット環境は,FWやNAT等のNWセキュリティ技術の進展に加え,無線LANの高速・広域化等により,様々な場所での利用,いわゆるユビキタス環境での利用が可能になり,一層の利便性向上が図られている.このようなイントラネット環境の進展に伴い,関連グループとの業務効率化等の観点から,例えば認証局を利用したエクストラネット構築の動きが進んでいる.さらに,今後のICT社会における新たなコミュニティ手段として,サイバーソサイエティの実現に向けての検討も進められている.このような仮想的なネットワーク環境においては,さらなる利便性の観点,例えば,業務効率化の観点等から,個人が複数のネットワークに帰属できることが望まれる.一方,負の問題としては,内部からの不正アクセスが顕在化している.これらを背景に,本論文では,多重帰属VPNサービスを提案するものである.本サービスは,1)複数のVPN帰属(多重帰属),2)内部からの不正アクセス対処するためのVPN内VPN構築(多段帰属),を特徴とし,業務効率向上と不正アクセス対処を同時に実現するものである.さらに,経済的にかつ早期にサービスを具現化する観点から,既存の端末,NW環境をそのまま利用可能なプラグ&プレイ型のサービスを実現するサーバ型アーキテクチャを提案する. 
(英) Recently, Intranet environment of the enterprise is becoming more convenient by development of NW security technology and widening of a wireless LAN. Consideration of the extranet environment in the enterprise is also developed from the point of view which is business efficiency with development of such intranet environment. Moreover it's considered for realization of a cyber society as a new community way. For example it's wished for improvement of further advantage convenience by such virtual network environment that an individual is able to belong to more than one network. On the other hand, hacking from the interior is clarifying as a negative problem. In this paper, Multi-homing VPN service is proposed newly from such background. Business efficiency improvement and illegal access handle are achieved at the same time by this service. And, the server type architecture is proposed to achieve a plug and play type service from a cost-saving point of view.
キーワード (和) 多重帰属 / VPN / 仮想組織 / / / / /  
(英) Multi-homing / VPN / virtual organization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, 2007年7月.
資料番号  
発行日 2007-07-19 (OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OIS2007-24

研究会情報
研究会 LOIS IPSJ-DC  
開催期間 2007-07-26 - 2007-07-27 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) オフィスインフォメーションシステム、ディジタルドキュメント、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2007-07-OIS-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サーバ型多重帰属VPNサービスアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of server type Multi-homing VPN service architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多重帰属 / Multi-homing  
キーワード(2)(和/英) VPN / VPN  
キーワード(3)(和/英) 仮想組織 / virtual organization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷本 茂明 / Shigeaki Tanimoto / タニモト シゲアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-27 14:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-OIS2007-24 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OIS-2007-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会