お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-27 15:20
時間窓とDFTスペクトルレベルの関係についての一考察
城戸健一東北大EA2007-38
抄録 (和) あらまし 音響波形の周波数分析においてFFTによって次々の時間区間の波形のスペクトルを求めてゆく方法を考える。その場合、スペクトルのレベル、すなわち各周波数成分のレベルの決定に、用いる時間窓とFFTの点数が要因となる。時間的に変動するスペクトルを求めるために必要なので、まず、離散フーリエ変換の場合のパーセバルの関係式と、サイン波の波形と音圧レベルおよびスペクトルの関係を考察し、帯域スペクトルを求めるために時間窓をかけた短いデータに0データを接続してFFTによるスペクトルの間隔を狭くすることが有用なこと、そのときの時間窓の使い方などを波形分析例を使って示す。 
(英) This paper treats with the successive analysis of sound wave form varying with time using the FFT algorithm. To determine the spectrum level, that is the level of each frequency component, the time window and the data number of the FFT are the determinant factors. To determine the spectral level of time varying signal, the Parceval’s formula is first interpreted into the discrete Fourier transform and the relation between the wave form and the sound pressure level is discussed. The concatenation of null data sequence to the short time windowed data is introduced as a method to increase the density of frequency components for the computation of narrow band spectrum. The results of the discussion are investigated by using the analysis of sound wave.
キーワード (和) FFT / DFT / 波形 / 周波数スペクトル / 時間窓 / / /  
(英) FFT / DFT / wave form / frequency spectrum / time window / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 170, EA2007-38, pp. 19-24, 2007年7月.
資料番号 EA2007-38 
発行日 2007-07-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2007-38

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2007-07-27 - 2007-07-27 
開催地(和) 小野測器 
開催地(英)  
テーマ(和) 音響測定/音場解析/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2007-07-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間窓とDFTスペクトルレベルの関係についての一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on the Time Window and the DFT Spectrum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(2)(和/英) DFT / DFT  
キーワード(3)(和/英) 波形 / wave form  
キーワード(4)(和/英) 周波数スペクトル / frequency spectrum  
キーワード(5)(和/英) 時間窓 / time window  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 城戸 健一 / Ken'iti Kido / キド ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-27 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2007-38 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.170 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2007-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会