お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-27 09:50
新ワードプロセッシング ~ CrossConcept、Template It!の試作 ~
山口 琢ジャストシステム
抄録 (和) ワードプロセッサー発展の1つの方向性として「概念操作の外在化」をあげ、そのようなソフトウェアの設計指針を提案する。そして、その具体例としてCrossConcept、Template It!、STORYWRITERを試作したので報告する。 
(英) The author suggests that externalization of concept operations is the course to set for word processors of the next generation. And also, the author suggests the design pattern of those kind of softwares and reports the study of CrossConcept, Template It! and STORYWRITER as examples of those softwares.
キーワード (和) ワードプロセッサー / 思考 / / / / / /  
(英) wordprocesser / thinking / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 164, OIS2007-19, pp. 31-35, 2007年7月.
資料番号  
発行日 2007-07-19 (OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 LOIS IPSJ-DC  
開催期間 2007-07-26 - 2007-07-27 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) オフィスインフォメーションシステム、ディジタルドキュメント、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-DC 
会議コード 2007-07-OIS-IPSJ-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 新ワードプロセッシング 
サブタイトル(和) CrossConcept、Template It!の試作 
タイトル(英) Word Processing: The Next Generation 
サブタイトル(英) The Challenge of CrossConcept and Template It! 
キーワード(1)(和/英) ワードプロセッサー / wordprocesser  
キーワード(2)(和/英) 思考 / thinking  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 琢 / Taku Yamaguchi / ヤマグチ タク
第1著者 所属(和/英) 株式会社ジャストシステム (略称: ジャストシステム)
JustSystems Corporation (略称: JustSystems)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-27 09:50:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IPSJ-DC 
資料番号 IEICE-OIS2007-19 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OIS-2007-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会