お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-26 14:30
情報の視覚化とドキュメント文化に関する一考察
大野邦夫職能開発大
抄録 (和) コンピュータの扱う情報が、ハードウエア技術やネットワーク技術の飛躍的な進展により、文字情報から図形・画像情報へ、さらにアニメや映像などのマルチメディアへと可視化への道を歩んでいる。マルチメディアは、知覚よりは感覚に訴えるので分かりやすく楽しめる情報であるが、反面人間の知的な能力を阻害するのではないかという危惧を感じる場合も少なくない。少年非行や暴力の多発をセンセーショナルな可視化メディアに関係付ける世論も顕在化している。他方、情報の可視化に対する考え方が、日本と欧米では相違している面があると考えられ、そのような背景が日本のドキュメント文化に反映していると思われる。本稿では可視化への考え方の差異についての考察を試みる。 
(英) Based on the rapid development of computer hardware and network systems, information media of computer has been dramatically visualized to multimedia from text sentences. Multimedia as video or animation is interesting and easy to grasp, because that affects human sensation directly, while text sentences require the effort of thinking and understanding. Then visualization of computer media is not always favorable for human beings those days and in future. There exist some public opinions that recent juvenile delinquency is caused by the sensational visualized media. Cultural background of information visualization is something different between the Western culture and the Japanese culture. This paper describes the analysis and discussion of the differences.
キーワード (和) 視覚化 / ドキュメント文化 / 情報メディア / 聖像破壊 / 普遍論争 / / /  
(英) visualization / document culture / information media / Iconoclasme / the problem of universals / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 164, OIS2007-16, pp. 13-18, 2007年7月.
資料番号  
発行日 2007-07-19 (OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 LOIS IPSJ-DC  
開催期間 2007-07-26 - 2007-07-27 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) オフィスインフォメーションシステム、ディジタルドキュメント、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-DC 
会議コード 2007-07-OIS-IPSJ-DD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報の視覚化とドキュメント文化に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Information Visualization through Document Culture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚化 / visualization  
キーワード(2)(和/英) ドキュメント文化 / document culture  
キーワード(3)(和/英) 情報メディア / information media  
キーワード(4)(和/英) 聖像破壊 / Iconoclasme  
キーワード(5)(和/英) 普遍論争 / the problem of universals  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 邦夫 / Kunio Ohno / オオノ クニオ
第1著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University (略称: Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-26 14:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IPSJ-DC 
資料番号 IEICE-OIS2007-16 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.164 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OIS-2007-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会