お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-24 10:00
ソースコードにおけるコメントの頻度と保守性の関係解析
岡崎博和阿萬裕久愛媛大KBSE2007-9
抄録 (和) 本稿はソースコードの変更率(保守容易性に関する尺度)とコメントの頻度に着目している.コメント文にはソースコードの理解を助ける働きがあり,コード中へ適切に記述していくことで開発者によるコードの自己レビューが推進される.それによりコード中に含まれるフォールトが検出されやすくなり,ソースコードの品質向上も期待される.これまでの研究では,ソースコードにおけるコメント文の行数と保守容易性との間について統計的に有意な関係が見出されている.本稿ではさらなる解析として,オープンソースソフトウェア{\rm Eclipse}におけるバージョンアップ$4,521$件について統計解析を行い,中規模以上のソースコード({\rm LOC} $\geq 67$)において,コメント文の量が多ければソースコードの変更率は低くなる傾向が確認されている.ただし,その中でもコメント記述の頻度が高い場合においては,逆にソースコードの変更率が高くなる傾向も得られている. 
(英) Comment statements are important in understanding a source code. A thorough writing of comments in a source code leads the developers to more carefully review of the code by themselves, which would aid to detect software faults, and those careful review could preserve high quality of the code. A previous study has shown that a source code including more comments would have more maintainability. While the study has focused on only a comment density, a comment frequency would be important measure as well. As a further study, this paper performs a statistical analysis with $4,521$ version-upgrade cases in one open-source software ``Eclipse''. The empirical results show that more comments are related to more maintainability, in middle or large scale code(LOC $\geq 67$). However the higher frequency of comment description is corresponded to the lower maintainability.
キーワード (和) コメント文 / 保守性 / メトリクス / コメントの頻度 / コードレビュー / / /  
(英) comment statement / maintainability / metric / comment frequency / code review / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 159, KBSE2007-9, pp. 1-6, 2007年7月.
資料番号 KBSE2007-9 
発行日 2007-07-17 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2007-9

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2007-07-24 - 2007-07-24 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2007-07-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソースコードにおけるコメントの頻度と保守性の関係解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Relationship between Comment Frequency and Source Code Maintainability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コメント文 / comment statement  
キーワード(2)(和/英) 保守性 / maintainability  
キーワード(3)(和/英) メトリクス / metric  
キーワード(4)(和/英) コメントの頻度 / comment frequency  
キーワード(5)(和/英) コードレビュー / code review  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 博和 / Hirokazu Okazaki / オカザキ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学大学院 (略称: 愛媛大)
Graduate School of Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿萬 裕久 / Hirohisa Aman / アマン ヒロヒサ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学大学院 (略称: 愛媛大)
Graduate School of Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-24 10:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2007-9 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2007-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会