お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-24 11:00
手操作運動課題におけるサルAIP野ニューロンの情報量解析
清水崇司石田文彦電通大)・村田 哲近畿大)・阪口 豊電通大NC2007-25
抄録 (和) サル頭頂連合野AIP 野では手操作運動に関連する活動が記録されている.本研究では,手操作運動に関する情報がAIP 野でどのように表現されているかを調べるため,6 種類の操作対象を用いた到達把持運動中のニューロン応答について,操作対象の分類に関する情報量の経時的変化を求めた.その結果,手操作運動の異なる課題区間(注視,到達運動,把持) に応じて情報量は変化した.また,いくつかのニューロンでは,6 種類の操作対象をまず2 つのグループに分類した後,それぞれのグループを細分化していることを表す結果が得られた.これらの結果は,AIP 野のニューロンは,手操作運動に関する大まかな情報と詳細な情報を時間を分けて階層的に表現していることを示唆する. 
(英) We analyzed spike activities of the monkey anterior intraparietal area (AIP) to reveal how the brain represents information related to hand manipulation. During the hand manipulation task, many AIP neurons respond
selectivity to the 3D shape, orientation and size of the objects to be grasped and/or the hand configuration to grasp them. Here, we calculated mutual information (MI) between spike frequency of single neurons and various clusters of 6 objects, and examined how MI changed dependent on different task periods (i.e., fixation, reaching and grasping) for each clustering. MI took peak values in different periods dependent on clustering types: For some neurons, MI for rough clustering had the peaks in the fixation period while MI for fine clustering had the peaks in the reaching or grasping period. This suggests that AIP neurons may represent information relevant to the hand manipulation in a hierarchical manner, that is, different grains of information in different periods.
キーワード (和) 神経活動の情報量解析 / AIP野 / 到達把持運動 / / / / /  
(英) information analysis / anterior intraparietal area (AIP) / hand manipulation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 157, NC2007-25, pp. 1-6, 2007年7月.
資料番号 NC2007-25 
発行日 2007-07-17 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2007-25

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2007-07-24 - 2007-07-25 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) スパイク信号の統計解析,一般 
テーマ(英) Statistical Analysis of Spike Signal, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2007-07-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手操作運動課題におけるサルAIP野ニューロンの情報量解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Information analysis of Monkey AIP neurons during hand manipulation task 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 神経活動の情報量解析 / information analysis  
キーワード(2)(和/英) AIP野 / anterior intraparietal area (AIP)  
キーワード(3)(和/英) 到達把持運動 / hand manipulation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 崇司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 文彦 / Fumihiko Ishida / イシダ フミヒコ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 哲 / Akira Murata / ムラタ アキラ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 豊 / Yutaka Sakaguchi / サカグチ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-24 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2007-25 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.157 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2007-07-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会