電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-21 16:40
腹膜透析液中NOと関連物質の動態評価
高山 綾川崎医療福祉大/岡山大)・望月精一川崎医科大/川崎医療福祉大)・小野真由美矢田豊隆小笠原康夫佐々木 環川崎医科大)・北脇知己岡 久雄岡山大MBE2007-42
抄録 (和) 持続式携帯腹膜透析(CAPD)患者において、長期透析後の限外濾過不全などの腹膜機能障害の原因として、生体組織由来の一酸化窒素(NO)の産生および代謝の異常が関与していると推測されている。NOは生体組織中のNO合成酵素(NOS)によって産生されるが、その活性維持には補酵素のテトラヒドロビオプテリン(BH4)が必須である。本研究では、CAPDの腹膜機能低下におけるNOおよび関連物質の関与を検討するために、CAPD透析液排液中のNOと関連物質の濃度計測を行なった。CAPD透析液中NOおよびBH4濃度は、透析液の腹腔内滞留時間が長いほど高値を示したことから、腹膜組織およびその周辺組織からNOが産生されていると推測され、その産生量の変動にBH4が関与しているものと示唆された。以上の結果から、NO濃度の直接計測は、CAPDにおける腹膜機能の変化におけるNOの関与を検討する有用な手段となりうると考えられた。 
(英) It has been speculated that dysfunction of the peritoneal membrane including loss of ultrafiltration capacity is related with abnormal production and/or metabolism of endogenous nitric oxide (NO). Tetrahydrobiopterin (BH4) is a key cofactor of nitric oxide synthase (NOS) to maintain the NOS activity. The aim of this study was thus to measure concentrations of NO and its related factors in peritoneal dialysis solutions in CAPD patients to study the possible involvement of NO in the peritoneal dysfunction. NO and BH4 concentrations were significantly higher in the dialysate after 5-6 hr CAPD than in the dialysate immediately after an exchange of CAPD solution. Both NO and BH4 tended to increase in the time course, and thus it was suggested that NO be produced from the peritoneal and surrounding tissues and that BH4 be involved in the changes in NO production. Direct measurement of NO concentration will thus contribute to investigation of possible involvement of NO in the changes in peritoneal membrane functions in CAPD.
キーワード (和) 腹膜透析(CAPD) / 一酸化窒素(NO) / NO合成酵素(NOS) / テトラヒドロビオプテリン(BH4) / NOセンサ / 透析液 / /  
(英) continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD) / nitric oxide (NO) / nitric oxide synthase (NOS) / tetrahydrobiopterin (BH4) / NO sensor / dialysate / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 154, MBE2007-42, pp. 87-90, 2007年7月.
資料番号 MBE2007-42 
発行日 2007-07-13 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2007-42

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2007-07-20 - 2007-07-21 
開催地(和) 徳島大学工学部 
開催地(英)  
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2007-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 腹膜透析液中NOと関連物質の動態評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of dynamic changes of nitric oxide and its related factors in dialysate of peritoneal dialysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 腹膜透析(CAPD) / continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD)  
キーワード(2)(和/英) 一酸化窒素(NO) / nitric oxide (NO)  
キーワード(3)(和/英) NO合成酵素(NOS) / nitric oxide synthase (NOS)  
キーワード(4)(和/英) テトラヒドロビオプテリン(BH4) / tetrahydrobiopterin (BH4)  
キーワード(5)(和/英) NOセンサ / NO sensor  
キーワード(6)(和/英) 透析液 / dialysate  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高山 綾 / Aya Takayama / タカヤマ アヤ
第1著者 所属(和/英) 川崎医療福祉大学・岡山大学 (略称: 川崎医療福祉大/岡山大)
Kawasaki Univercity of Medical Welfare / Okayama University (略称: Kawasaki Univ. / Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 精一 / Seiichi Mochizuki / モチヅキ セイイチ
第2著者 所属(和/英) 川崎医科大学・川崎医療福祉大学 (略称: 川崎医科大/川崎医療福祉大)
Kawasaki Medical School / Kawasaki Univercity of Medical Welfare (略称: Kawasaki Medical Sch. / Kawasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 真由美 / Mayumi Ono / オノ マユミ
第3著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School / Kawasaki Univercity of Medical Welfare (略称: Kawasaki Medical Sch. / Kawasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢田 豊隆 / Toyotaka Yada / ヤダ トヨタカ
第4著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School (略称: Kawasaki Medical Sch.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 康夫 / Yasuo Ogasawara / オガサワラ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School (略称: Kawasaki Medical Sch.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 環 / Tamaki Sasaki / ササキ タマキ
第6著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School / Kawasaki Univercity of Medical Welfare (略称: Kawasaki Medical Sch. / Kawasaki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 北脇 知己 / Tomoki Kitawaki / キタワキ トモキ
第7著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 久雄 / Hisao Oka / オカ ヒサオ
第8著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-21 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2007-42 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.87-90 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2007-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会