お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-20 14:15
デジタル信号処理技術を用いたコヒーレント受信における位相同期方法に関する検討
中島久雄富士通研)・Lei LiFujitsu Research & Development Center)・星田剛司磯村彰彦谷村崇仁小田祥一郎Jens C. Rasmussen富士通研)・Zhenning TaoFujitsu Research & Development CenterOCS2007-28
抄録 (和) 40Gbit/s 以上の光通信システムへの適用が期待されるデジタル信号処理技術を用いたコヒーレント受信方式において、位相同期方法は受信器性能を決める重要な技術である。本稿では、phase locked loop/feed-back型とphase estimation/feed-forward型の2つの位相同期方法について位相同期性能およびハードウェアの実現性の観点から比較を行った。またfeed-forward型位相同期の課題である信号光と局発光の周波数ずれ耐力が、ブロックサイズを最適化することにより改善することを43Gbit/s RZ-QPSK変調信号のオフライン実験により確認した。 
(英) Phase synchronization is one of the important technique in coherent receiver employing digital signal processing which is expected to applied to over-40Gbit/s optical transmission system. In this paper, two phase synchronization methods, i.e phase lock loop/feed-back and phase estimation/feed-forward methods, are compared both in synchronization performance and hardware implementation aspects. We demonstrate the feed-forward phase synchronization technique in an experiment using 43Gbit/s RZ-QPSK signal and confirmed that the frequency offset tolerance between signal light and local oscillator can be improved by optimization of block size.
キーワード (和) 40Gbit/s / コヒーレント受信 / デジタル信号処理 / 位相同期 / phase look loop / phase estimation / /  
(英) 40Gbit/s / coherent receiver / digital signal processing / phase synchronization / phase look loop / phase estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 153, OCS2007-28, pp. 43-48, 2007年7月.
資料番号 OCS2007-28 
発行日 2007-07-13 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2007-28

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2007-07-20 - 2007-07-20 
開催地(和) 伝国の杜(米沢) 
開催地(英) Denkoku-No-Mori (Yonezawa) 
テーマ(和) 光変復調技術,分散補償技術,光品質監視,光信号処理技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2007-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタル信号処理技術を用いたコヒーレント受信における位相同期方法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase Synchronization in Optical Coherent Detection with Digital Signal Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 40Gbit/s / 40Gbit/s  
キーワード(2)(和/英) コヒーレント受信 / coherent receiver  
キーワード(3)(和/英) デジタル信号処理 / digital signal processing  
キーワード(4)(和/英) 位相同期 / phase synchronization  
キーワード(5)(和/英) phase look loop / phase look loop  
キーワード(6)(和/英) phase estimation / phase estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 久雄 / Hisao Nakashima / ナカシマ ヒサオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FJL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Lei Li / Lei Li / Lei Li
第2著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center, Beijing, China (略称: Fujitsu Research & Development Center)
Fujitsu Research & Development Center, Beijing, China (略称: Fujitsu Research & Development Center)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 星田 剛司 / Takeshi Hoshida / ホシダ タケシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FJL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯村 彰彦 / Akihiko Isomura / イソムラ アキヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FJL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 崇仁 / Takahito Tanimura / タニムラ タカヒト
第5著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FJL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一郎 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FJL)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen
第7著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FJL)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenning Tao / Zhenning Tao / Zhenning Tao
第8著者 所属(和/英) Fujitsu Research & Development Center, Beijing, China (略称: Fujitsu Research & Development Center)
Fujitsu Research & Development Center, Beijing, China (略称: Fujitsu Research & Development Center)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-20 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2007-28 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2007-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会