電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-20 14:50
屈折コントラストを利用したX線画像シミュレーション ~ 物体が重なった場合 ~
平野雅嗣岩間功祐新居浜高専)・山崎克人神戸大MBE2007-27
抄録 (和) これまでレイトレーシング法を使って、X線屈折コントラストイメージングのシミュレーションを進めている.今回は密度が1.0 [g/cm3]の複数の球が重なった(肺がんが重なって生じている)場合について、座標変換を用いた結果を報告する.また,その精度に関しても実際に実験で得られた画像との比較により行った. 
(英) We simulated refraction contrast imaging in overlapping objects using the ray tracing method. The case, in which one or more columnar spheres (lung cancer) with a density of 1.0 [g/cm3] in air, was calculated. We performed simulation using the Snell law adapted to the object’s boundary. A pair of bright and dark spot results from the interference of refracted X-rays where the spheres crossed. This has the possibility of increasing the visibility of the image.
キーワード (和) X線画像診断 / 屈折コントラストイメージング / シミュレーション / レイトレーシング法 / / / /  
(英) X-ray Image Diagnosis / Refraction Contrast Imaging / Simulation / Ray Tracing Method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 154, MBE2007-27, pp. 29-31, 2007年7月.
資料番号 MBE2007-27 
発行日 2007-07-13 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2007-27

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2007-07-20 - 2007-07-21 
開催地(和) 徳島大学工学部 
開催地(英)  
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2007-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屈折コントラストを利用したX線画像シミュレーション 
サブタイトル(和) 物体が重なった場合 
タイトル(英) X-ray imaging simulation using refraction contrast 
サブタイトル(英) in case of overlapping objects 
キーワード(1)(和/英) X線画像診断 / X-ray Image Diagnosis  
キーワード(2)(和/英) 屈折コントラストイメージング / Refraction Contrast Imaging  
キーワード(3)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(4)(和/英) レイトレーシング法 / Ray Tracing Method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 雅嗣 / Masatsugu Hirano / ヒラノ マサツグ
第1著者 所属(和/英) 新居浜工業高等専門学校 (略称: 新居浜高専)
Niihama National College of Technology (略称: Niihama NCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩間 功祐 / Kohsuke Iwama / イワマ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 新居浜工業高等専門学校 (略称: 新居浜高専)
Niihama National College of Technology (略称: Niihama NCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 克人 / Katsuhito Yamasaki / ヤマサキ カツヒト
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-20 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2007-27 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.29-31 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-MBE-2007-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会