電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-20 11:10
セキュリティパラメータを変更可能なブロック暗号の構成法
平井康雅松尾真一郎NTTデータ)・尾形わかは東工大ISEC2007-48
抄録 (和) 一般的に,暗号技術が危殆化した場合には,それらを利用するシステムでは,求められる安全性要件を満たすために,より安全な新しい暗号技術への移行が求められる.しかしながら,コスト等を考慮した場合,システム更改時期以外での暗号技術の移行は困難である.本稿では,既存のブロック暗号が危殆化した際に,容易に安全性を高めることが可能となるよう,ブロック暗号で用いる鍵長およびブロックサイズをパラメータとし,変更可能な方式の構成例を示す. 
(英) Currently, cryptographical technology such as an encryption algorithm is used in many IT systems. When an encryption scheme becomes insecure in computational sense, to fill the security requirement, we need to replace all IT systems which use the algorithm. Considering the cost, however, the replacement of IT systems outside the schedule is very difficult. In this research, we introduce the variable key length and the variable block size as ”security parameters” of the block cipher, and show some examples of block ciphers with security parameters. By using such block ciphers, we can easily enhance the security of IT systems without exchanging the algorithm, even if the block cipher becomes computationally insecure.
キーワード (和) システムセキュリティ / 組合わせ暗号 / ブロック暗号 / 危殆化 / / / /  
(英) system security / n times encryption / block cipher / algorithm compromise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 141, ISEC2007-48, pp. 23-28, 2007年7月.
資料番号 ISEC2007-48 
発行日 2007-07-13 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2007-48

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2007-07-19 - 2007-07-20 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2007-07-ISEC-SITE-IPSJ-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セキュリティパラメータを変更可能なブロック暗号の構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Construction of Block Cipher with Variable Security Parameter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) システムセキュリティ / system security  
キーワード(2)(和/英) 組合わせ暗号 / n times encryption  
キーワード(3)(和/英) ブロック暗号 / block cipher  
キーワード(4)(和/英) 危殆化 / algorithm compromise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 康雅 / Yasumasa Hirai / ヒライ ヤスマサ
第1著者 所属(和/英) NTTデータ (略称: NTTデータ)
NTT DATA Corporation (略称: NTT DATA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 真一郎 / Shin'ichiro Matsuo / マツオ シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) NTTデータ (略称: NTTデータ)
NTT DATA Corporation (略称: NTT DATA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾形 わかは / Wakaha Ogata / オガタ ワカハ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institue of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-20 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2007-48 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.141 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2007-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会