電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-19 13:00
[招待講演]わが国における超臨場感システムに関する研究と産学官フォーラム
榎並和雅NICTMoMuC2007-25
抄録 (和) 見る、聞く、触る、香るといった五感を伝送する超臨場感コミュニケーションの実現を目指し、(独)情報通信研究機構(NICT)は,電子ホログラフィ技術を中心とした立体映像・音響技術の研究と,認知メカニズムの解析などによって人間にとって最適化された臨場感を実現する技術の研究を進めている.また,産学官で連携して関連科学技術の研究を進めるために,2007年3月,「超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)」を立ち上げた.このURCFでは、100社以上の企業と60人以上の有識者が一同に会し、実証実験や標準化、アプリケーションの開発、関連技術者・研究者の目指すべき方向とロードマップ作成を行っている。 
(英) Universal Media Research Center of National Institute of Information and Communication Technology (NICT) started to research ultra-realistic communications technologies that provide natural and realistic information to everybody. Main research subjects are holographic 3D video and audio systems and necessary requirements for ultra-realistic systems based on underlying principles of human information processing. NICT set up the Ultra-Realistic Communications Forum for industries, academia, and the government. The Forum will play actions such as experiments, standardization, developments of applications, and making of roadmaps relating ultra-realistic system.
キーワード (和) 臨場感 / 立体音響 / 五感通信 / 電子ホログラフィ / 知覚認知 / 産学官連携フォーラム / 立体映像 /  
(英) Ultra-reality / Three dimensional video / Three dimensional sound field reproduction / Multi-sensory communication / Electronic holography / Human information processing / Forum /  
文献情報 信学技報, vol. 107, 2007年7月.
資料番号  
発行日 2007-07-12 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2007-25

研究会情報
研究会 IPSJ-AVM MoNA  
開催期間 2007-07-19 - 2007-07-20 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 超高速モバイル通信時代のマルチメディアアプリケーションおよび一般 ((AVM)画像符号化、通信、ストリーム技術、および一般 / (MoMuC)パーソナルマルチメディア、モバイルP2P、モバイルコンテンツ) 
テーマ(英) Multimedia Application for Next Generation High-speed Mobile Access 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2007-07-IPSJ-AVM-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) わが国における超臨場感システムに関する研究と産学官フォーラム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Ultra-Realistic Communication System in Japan 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 臨場感 / Ultra-reality  
キーワード(2)(和/英) 立体音響 / Three dimensional video  
キーワード(3)(和/英) 五感通信 / Three dimensional sound field reproduction  
キーワード(4)(和/英) 電子ホログラフィ / Multi-sensory communication  
キーワード(5)(和/英) 知覚認知 / Electronic holography  
キーワード(6)(和/英) 産学官連携フォーラム / Human information processing  
キーワード(7)(和/英) 立体映像 / Forum  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎並 和雅 / Kazumasa Enami / エナミ カズマサ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-19 13:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2007-25 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2007-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会