お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-19 14:40
分散アイデンティティエスクローを想定した電子掲示板におけるユーザ行動に関する研究
佐藤亮太廣田啓一山本太郎谷本茂明塩野入 理金井 敦NTTISEC2007-28 SITE2007-22
抄録 (和) インターネット社会における匿名性に関する問題の一解決策として,我々は分散アイデンティティエスクロー(DECIDE : DECentralized IDentity Escrow)を提案している.DECIDE は,ユーザの匿名性を担保する管理者が複数存在する仕組みで,一定数以上の管理者が合意するとユーザの匿名性がユーザ間や管理者に対して剥奪される特徴をもつ.本稿では,この仕組みの適用先として,匿名性に由来する誹謗中傷などの問題が多発している電子掲示板に着目し,掲示板上でのユーザの振る舞いについてモデル化を行い,シミュレーション実験やその検証,補足をする被験者実験の結果を示すことで,インターネット社会における匿名のあり方についての基礎的な検討を行う. 
(英) An identity escrow scheme called Decentralized Identity Escrow (DECIDE) has three identity tiers,’identity’ (=’real identity’), ’pseudonymity’(=’virtual identity’), and ’anonymity,’ and a person can move dynamically from one tier to another. The scheme provides a high decentralization capability for the management of the identity tiers. In this paper, we present some results from a computer simulation study and human experiment study on DECIDE when it is applied to a kind of bulletin board system (BBS). Based on these results, we discuss the way the identity management should be.
キーワード (和) プライバシー / 匿名性 / アイデンティティエスクロー / シミュレーション / / / /  
(英) Privacy / Anonymity / Escrow / Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 139, SITE2007-22, pp. 87-94, 2007年7月.
資料番号 SITE2007-22 
発行日 2007-07-12 (ISEC, SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2007-28 SITE2007-22

研究会情報
研究会 ISEC SITE IPSJ-CSEC  
開催期間 2007-07-19 - 2007-07-20 
開催地(和) 公立はこだて未来大学 
開催地(英) Future University-Hakodate 
テーマ(和) 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2007-07-ISEC-SITE-IPSJ-CSEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散アイデンティティエスクローを想定した電子掲示板におけるユーザ行動に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a Participant Behavior in Bulletin Board System based on Decentralized Identity Escrow. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プライバシー / Privacy  
キーワード(2)(和/英) 匿名性 / Anonymity  
キーワード(3)(和/英) アイデンティティエスクロー / Escrow  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮太 / Ryota Sato / サトウ リョウタ
第1著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 啓一 / Keiichi Hirota / ヒロタ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 太郎 / Taro Yamamoto / ヤマモト タロウ
第3著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷本 茂明 / Shigeaki Tanimoto / タニモト シゲアキ
第4著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩野入 理 / Osamu Shionoiri / シオノイリ オサム
第5著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 敦 / Atsushi Kanai / カナイ アツシ
第6著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-19 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2007-28,IEICE-SITE2007-22 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.140(ISEC), no.139(SITE) 
ページ範囲 pp.87-94 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2007-07-12,IEICE-SITE-2007-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会