お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-19 15:30
直接/中継接続間ハンドオーバにおけるIEEE 802.21技術に基づくエンド-エンドQoS制御手法
福家直樹KDDI)・泉川晴紀杉山敬三岸 洋司KDDI研NS2007-44
抄録 (和) 次世代ネットワークとして様々な通信形態が検討されている。その一つに、セルラーシステムと無線LANの連携のような、複数の無線メディアを中継装置経由でタンデム接続する異種無線連携システムがある。本稿では、異種無線連携システムにおけるハンドオーバに関し、IEEE 802.21方式を拡張することにより、セルラーシステムへの直接接続と無線LAN経由接続(中継接続)間のハンドオーバを実現する手法を提案する。本手法には、ハンドオーバ時に適切な受付制御を実行し、ハンドオーバ前後でのQoS保証を行うフレームワークを含む。提案手法を用いた実証実験を行い、QoSを保証しつつ直接/中継接続間のハンドオーバを実現できることを確認した。 
(英) Toward the next generation network various communications configurations have been proposed and studied, one of which is a heterogeneous wireless network including a cellular system, a wireless LAN system, etc. We focus on the heterogeneous wireless network in tandem where two or more wireless systems are inter-connected via media conversion relay equipment. We propose to extend IEEE 802.21 scheme, realizing a handover between the direct connection to a cellular system and the relayed connection via a wireless LAN. This handover scheme includes a particular framework to maintain QoS levels using the proposed admission control scheme. The implementation result shows the proposed scheme effectively switches over between the direct/relayed connections with maintaining QoS levels.
キーワード (和) IEEE 802.21 / 中継装置 / ハンドオーバ / 異種ネットワーク / エンド-エンド / QoS / /  
(英) IEEE 802.21 / media conversion relay equipment / handover / heterogeneous network / end-to-end / QoS / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 146, NS2007-44, pp. 25-30, 2007年7月.
資料番号 NS2007-44 
発行日 2007-07-12 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2007-44

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2007-07-19 - 2007-07-20 
開催地(和) 北見工業大 
開催地(英) Kitami Institute of Tech. 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク,ネットワーク制御,無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2007-07-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直接/中継接続間ハンドオーバにおけるIEEE 802.21技術に基づくエンド-エンドQoS制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) End-to-end QoS Control Scheme employing IEEE 802.21 in Handover between Direct/Relayed Connections 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.21 / IEEE 802.21  
キーワード(2)(和/英) 中継装置 / media conversion relay equipment  
キーワード(3)(和/英) ハンドオーバ / handover  
キーワード(4)(和/英) 異種ネットワーク / heterogeneous network  
キーワード(5)(和/英) エンド-エンド / end-to-end  
キーワード(6)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福家 直樹 / Naoki Fuke / フケ ナオキ
第1著者 所属(和/英) KDDI (略称: KDDI)
KDDI (略称: KDDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉川 晴紀 / Haruki Izumikawa / イズミカワ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 敬三 / Keizo Sugiyama / スギヤマ ケイゾウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸 洋司 / Yoji Kishi / キシ ヨウジ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-19 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2007-44 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.146 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2007-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会