電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-07-19 14:50
Awareness映像通信のための機能的階層符号化
岩橋政宏高橋知将鈴木貴之長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,アウェアネス通信のために機能の点で階層化された符号化データを送受信する新しいタイプの映像通信システムを提案する.ここで、アウェアネスは繧繝かつ半透明な人物領域を意味し,これを受信側で表示するのに必要最小限のデータを「基本階層」として伝送する.それ以外のデータは「拡張階層」として、これを追加伝送することで通常の映像通信が可能となる.基本階層には、(1)人物領域(前景)、かつ、(2)人物繧繝化のための低周波数帯域、かつ、(3)人物半透明化のための高位(MSB側の)ビットプレーンが含まれている.背景画像は予め伝送しておく.上記(2),(3)をJPEG2000国際標準の帯域分割およびビットプレーン分解により実現する. 
(英) This paper proposes a new video coding system which transmits functionally layered data for “awareness” communication. The system displays “awareness”, which is defined as a “blurred” and “semi-transparent” person region by transmitting minimum data necessary for displaying the awareness. The minimum data contains (1) person region and (2) lower frequency band signals of the region for displaying blurred person and (3) higher bit-planes of the band signals for displaying blurred and semi-transparent person. Scenery without person is previously transmitted. It becomes possible to reduce redundancy in data transmission since (2) and (3) above are implemented by the “band decomposition” and the “bit-plane decomposition” of the JPEG2000 (JP2K) international standard respectively.
キーワード (和) アウェアネス / JPEG2000 / 映像 / 通信 / 階層符号化 / / /  
(英) awareness / JPEG 2000 / video / communication / layered coding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 150, MoMuC2007-27, pp. 13-18, 2007年7月.
資料番号  
発行日 2007-07-12 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IPSJ-AVM MoNA  
開催期間 2007-07-19 - 2007-07-20 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 超高速モバイル通信時代のマルチメディアアプリケーションおよび一般 ((AVM)画像符号化、通信、ストリーム技術、および一般 / (MoMuC)パーソナルマルチメディア、モバイルP2P、モバイルコンテンツ) 
テーマ(英) Multimedia Application for Next Generation High-speed Mobile Access 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-AVM 
会議コード 2007-07-IPSJ-AVM-MoMuC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Awareness映像通信のための機能的階層符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functionally Layered Video Coding for Awareness Video Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アウェアネス / awareness  
キーワード(2)(和/英) JPEG2000 / JPEG 2000  
キーワード(3)(和/英) 映像 / video  
キーワード(4)(和/英) 通信 / communication  
キーワード(5)(和/英) 階層符号化 / layered coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka Univ. of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 知将 / Tomoyuki Takahashi / タカハシ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka Univ. of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴之 / Takayuki Suzuki / スズキ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka Univ. of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-07-19 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-AVM 
資料番号 IEICE-MoMuC2007-27 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2007-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会