お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-29 11:00
小型物体のための object related transfer function 自動測定装置
苣木禎史長西将弘高田俊亨神澤龍市宇佐川 毅熊本大EA2007-27
抄録 (和) 頭部伝達関数 (Head Related Transfer Function : HRTF) を用いた
周波数領域両耳聴モデル (Frequency Domain Binaural Model : FDBM) が
提案されており,
このモデルは頭部と胸部での音波の回折現象を利用して音源方向を推定可能である。
任意物体でも頭部のような回折現象が生じ,頭部伝達関数に相当する
Object Related Transfer Function (ORTF) が得られるため,
周波数領域両耳聴モデルへの応用が可能である。
これまでに,FDBM のアルゴリズムを基に ORTF を用いた
音源方向推定手法を提案している。
その手法では,ORTF のデータベースが必要であり,
効率的な ORTF の測定方法が求められる。
HRTF での測定システムは多くあるが,
それらは対象が人であるので大きな測定空間を必要とする。
ORTF を用いる周波数領域両耳聴モデルは,
セキュリティカメラのように小型物体を用いた
アプリケーションへの応用もあり,
小型物体の伝達関数を能率的に計測する必要がある。
この報告では,小型物体における効率的な ORTF 自動測定システムの
開発とその性能を検討する。 
(英) Frequency domain binaural model (FDBM) has been proposed as a computer
model of the human auditory system based on head related transfer
function (HRTF).
The model can estimate direction of sound sources using
the sound diffraction of head and torso.
An object related transfer function (ORTF) can be defined similar to HRTF
since arbitrary object may produce the diffraction like a head.
In former research, a sound source localization method was
introduced with ORTF based on the same algorithm of FDBM.
In order to implement the method,
the database of ORTF is required and it means
the necessity of the efficient and accurate measurement system of ORTF.
Although there are many measurement systems for HRTF,
all of them are designed for human beings so that the size of system may
4m x 4m x 4m or even more.
On the contrary, there are many applications utilizing smaller object
such as a security camera, so that an efficient measurement system of
ORTF for small object is necessary.
In this paper, a newly developed automatic ORTF measurement system
for small object is introduced and the measurement performance is
discussed.
キーワード (和) 音源方向推定 / 周波数領域両耳聴モデル / 仰角推定 / セキュリティカメラ / / / /  
(英) Sound source localization / Frequency Domain Binaural Model / Elevation estimation / Security camera / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 120, EA2007-27, pp. 1-6, 2007年6月.
資料番号 EA2007-27 
発行日 2007-06-22 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2007-27

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2007-06-29 - 2007-06-29 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ブラインド信号処理/一般 
テーマ(英) Blind signal processing / General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2007-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型物体のための object related transfer function 自動測定装置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An automatic measurement system of object related transfer function for small object 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源方向推定 / Sound source localization  
キーワード(2)(和/英) 周波数領域両耳聴モデル / Frequency Domain Binaural Model  
キーワード(3)(和/英) 仰角推定 / Elevation estimation  
キーワード(4)(和/英) セキュリティカメラ / Security camera  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長西 将弘 / Masahiro Naganishi / ナガニシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 俊亨 / Toshimichi Takada / タカダ トシミチ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神澤 龍市 / Ryuichi Kohzawa / リュウイチ コウザワ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐川 毅 / Tsuyoshi Usagawa / ウサガワ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-29 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2007-27 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2007-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会