お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-29 16:40
入手可能なビジネスプロセス参照モデルの紹介および利用による効用
渡辺和宣マネジメント&ERPインテグレーションSWIM2007-6
抄録 (和) 現在, 日本で入手可能な6つの階層型ビジネスプロセス参照モデル(SCOR, JMS他)に関してその概要と特徴を紹介すると共に, それを戦略・戦術の構造化, ビジネスプロセス分析や設計に利用した場合の効率性や品質に関する, 10の効用を説明する. 
(英) This document will introduce the outline and feature of a number of hierarchical business process reference models (i.e. SCOR, JMS and others) which are available in Japan nowadays, and also describe the usefulness of effectiveness and quality in case of using them to analyze and design the business process.
キーワード (和) ビジネスプロセス参照モデル / プロセス要素 / 階層レベル / SCOR / SCOR拡張業務プロセステンプレート / トップダウンとボトムアップ融合 / 段階的詳細化 / SRS  
(英) Business process reference model / Process elements / Hierarchy level / SCOR / SCOR enhanced business process template / Convergence between top-down and bottom-up / Gradual detailing / SRS  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 128, SWIM2007-6, pp. 23-28, 2007年6月.
資料番号 SWIM2007-6 
発行日 2007-06-22 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2007-6

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2007-06-29 - 2007-06-29 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) WEB2.0のビジネスアーキテクチャを考察する 
テーマ(英) Let's consider the business architecture of WEB2.0s together. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2007-06-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 入手可能なビジネスプロセス参照モデルの紹介および利用による効用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Introducing the business process reference models and the benefit by using it 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビジネスプロセス参照モデル / Business process reference model  
キーワード(2)(和/英) プロセス要素 / Process elements  
キーワード(3)(和/英) 階層レベル / Hierarchy level  
キーワード(4)(和/英) SCOR / SCOR  
キーワード(5)(和/英) SCOR拡張業務プロセステンプレート / SCOR enhanced business process template  
キーワード(6)(和/英) トップダウンとボトムアップ融合 / Convergence between top-down and bottom-up  
キーワード(7)(和/英) 段階的詳細化 / Gradual detailing  
キーワード(8)(和/英) SRS / SRS  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 和宣 / Kazuyoshi Watanabe / ワタナ ベカズヨシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社マネジメント&ERPインテグレーション (略称: マネジメント&ERPインテグレーション)
Management & ERP Integration Co.,LTD (略称: Management & ERP)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-29 16:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2007-6 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SWIM-2007-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会