電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-06-29 14:20
狭帯域解析信号と非線形識別分析を用いた音声認識
久保陽太郎早大)・大川茂樹千葉工大)・榑松 明白井克彦早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音声認識の精度向上を目的に,狭帯域の解析信号を用いた音声認識手法を提案する.
提案手法は包絡線分析を行うパーセプトロンと瞬時位相分析を行うパーセプトロン,
各パーセプトロンの統合を行うパーセプトロンから成り,大量のデータから音素の識別境界を学習することで,非線形変換に基づく次元縮約(Nonlinear Discriminant Analysis)を行う.
連続音素認識タスクにて提案手法の有効性を示した. 
(英) We have developed a novel feature extraction system that uses narrow-band analytic signal.

Proposed method is comprised of feature extractor using analytic signals of narrow-bands and non-linear discriminant analyzer using multi-layer perceptron.

We evaluated proposed method by continuous phoneme recognition, and confirmed the advantage of proposed method by performing phoneme recognition of continuous speech.
キーワード (和) 複素解析信号 / ニューラルネットワーク / 識別分析 / Tandem-アプローチ / 音声認識 / / /  
(英) Analytic signal / Neural networks / Discriminant analysis / Tandem-approach / Speech recognition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 116, SP2007-22, pp. 85-90, 2007年6月.
資料番号 SP2007-22 
発行日 2007-06-21 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2007-06-28 - 2007-06-29 
開催地(和) 会津大 
開催地(英) The University of Aizu 
テーマ(和) 認識,理解,対話,一般 
テーマ(英) Speech Recognition, Speech Understanding, Speech Dialogue, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2007-06-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 狭帯域解析信号と非線形識別分析を用いた音声認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Speech Recognition using Narrow-band Analytic Signal and Non-linear Discriminant Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複素解析信号 / Analytic signal  
キーワード(2)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural networks  
キーワード(3)(和/英) 識別分析 / Discriminant analysis  
キーワード(4)(和/英) Tandem-アプローチ / Tandem-approach  
キーワード(5)(和/英) 音声認識 / Speech recognition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 陽太郎 / Yotaro Kubo / クボ ヨウタロウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 茂樹 / Shigeki Okawa / オオカワ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榑松 明 / Akira Kurematsu / クレマツ アキラ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 克彦 / Katsuhiko Shirai / シライ カツヒコ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-06-29 14:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2007-22 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.116 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2007-06-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会